借金を理由に離婚することは出来るのか?

MENU

借金を理由に離婚することは出来るのか?

1. 「配偶者の借金」を理由にして離婚をすることは可能?

 

離婚の理由は離婚したカップルの数だけあるわけですが、民法上、離婚訴訟時に離婚の理由として認められる条件は以下の通りです

 

1.不貞行為
 要するに浮気です。これはよくあるパターンで、分かりやすいですね。
2.悪意の遺棄
 要するに配偶者を「放っておく」ことです。民法には「夫婦は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。」という記述があります。
 単身赴任などで同居していない夫婦も珍しくないわけですが、たとえ別々に住んでいても扶助しあっていれば、当然これには該当しません。
3.3年以上の生死不明
 これはもう説明不要ですね。そもそも生死不明ということは、当然2で述べた「互いに協力・扶助」も不可能です。
4.強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
 「病気になった配偶者を捨てるのか」などと口を出す外野もいるかもしれませんが
 実際にこの状態になってしまっては、残念ながらすでにその人は死んだも同等です。
5.その他、婚姻関係を継続できない重大な事由
 これは様々ですので、説明のしようがありません。
これら5つの項目が、離婚訴訟を起こす場合の離婚原因として定められています。
ここに借金の有無は挙げられていませんね。
つまり、法律上は「浮気・即・離婚!」は認められても、「借金・即・離婚!」は認められないのです。
借金を離婚理由として設定するためには、それが5.の「婚姻関係を継続できない重大な理由」に該当するほど、どうしようもない状態であることを証明しなければいけないのです。

 

【もう少し分かりやすく 】

 

「借金で婚姻関係が継続できない」という訴えは認められるのかどうか?
これはもうケースバイケースです。認められることもありますし、認められないこともあります。
判断のポイントは、借金の有無や返済状況、ましてや借金の額ではありません。
その借金によって婚姻関係が継続できなくなっているかどうか、また、修復の余地はあるかどうか……という点によって判断されるのです。
例え多額の借金を抱えていても、本人がまじめに働いて返済のための努力をしていたり、債務整理や自己破産といった方法を取ったりしていれば
改善の見込みありと判断され、離婚の訴えは却下されることになります。
反対に、本人が全く働かず配偶者に借金返済を押し付けて、自分は遊びまわってろくに家にも帰ってこない……などというケースなら、これは認められる公算が高いです。

 

【婚姻関係の破綻って何?】

 

婚姻関係の破綻というのは、夫婦の感情に基づいて判断されるものではありません。
夫婦・家族としての活動を共に行っている実績があるか否か、これが判断基準になります。
具体的に言えば、子供の行事に参加しているか否か・同居か別居か……などです。
お金の問題は、婚姻関係の判定基準にはならないのです。
なので、借金があるというだけでは、裁判所は離婚の原因として認めません。
別居の期間が長いとか、借金返済のために生活費を一切入れないとか、そういった実績が必要なのです。