借金の解決方法

MENU

借金の解決方法

借金問題を解消するには 
法律事務所などで、弁護士や司法書士に依頼を行うと、高額な費用がかかってしまうと不安を感じて躊躇している方も多くいらっしゃると思います。
そこで、私たちのサイトでは、そんな方々にも安心して利用していただけるように、相談料や着手金無料で依頼を引き受けてくれる弁護士や司法書士がいる良心的な法律事務所を多数記載しています。
借金問題を解決する方法はいろいろあります。
◆任意整理  
今ある借金について、裁判所を通さず、債権者と直接、交渉を行い、金利を引き下げたり、月々の支払金額を減らしたりして、債務者の借金による負担を軽減します。
自己破産のように借金を全額免責することはできませんが、任意整理は、裁判所を通さず行うことが出来るため、周囲の人たちに気づかれることなく行える点と、マンションの家賃だけは整理せず払い続けるなど、整理したい借金を選ぶことができる点が利点です。
任意整理が可能な人は、任意整理後も、月々の支払を滞らせることなく行えるだけの収入を期待できる方、任意整理で縮小された借金を3年から5年程度で完済することができる方です。
◆個人再生 
任意整理と少し似ていますが、こちらは裁判所を通して行われます。裁判所を通して行われるため、任意整理に比べて、借金の大幅な減額が期待できます。
2001年に新しく作られた制度で、マイホームや車といった高額財産を手放すことなく、借金の減額を行うことができます。個人再生が執行された後、3年間かけて軽減された借金の支払いを行います。 
個人再生が可能な人は、住宅ローンを除いた総負債額が5千万円以下の債務をかかえている人で、且つ、再生後も軽減された借金の返済を継続できるだけの月々の収入を期待できる人です。 
◆自己破産 
裁判所で自己破産の申し立てを行い「破産宣告」を受ける事により、すべての借金をリセット(税金滞納分などは除く)します。
借金に関する問題を解決するための方法の最後の切り札ともいえる方法です。
また、借金がゼロになるかわりに、マイホームや高級車、宝飾類、高額ブランド品などは、管財手続により競売にかけられるなど処分されます。

自己破産が可能な人は、過去7年間に自己破産していない人、借金の支払いが困難な人です。
◆特定調停 
まだ、返済不能に陥ってはいないものの、この先、支払困難になりそうな場合に裁判所が債権者との間に入り、債務者との和解をすすめ借金を軽減する方法です。
特定調停が可能な人は、和解成立後にも、月々の返済を滞らせることなく行える収入が期待できる人、将来的に返済困難な状況に陥りそうな人です。 
◆過払い金の払い戻し 
現在に至るまでの間に行われた借金の返済で払い過ぎているお金を返却要求する手続きです。
消費者金融などで違法な金利を払っている人などの場合に多く返却金が期待できます。
過払い払い戻し手続きができる人は、借金を返済し終えてから10年以内の人や長期に渡る返済を今現在も続けている人です。