借金問題に強い弁護士の見分け方

MENU

借金問題に強い弁護士の見分け方

借金に関する問題の解決には、やはり債務整理の専門家である弁護士に依頼する事が賢明な手段であるといえます。なぜならば、債権者も金融の専門家であり、個人での交渉には知識不足が関係してやや不安が残るからです。その様な観点から考えると、専門家同士の協議は法的な側面から見ても安心して任せることができます。また、こういった交渉を行うのは、弁護士だけではありません。司法書士もまた同様の債務整理を行ってくれます。しかし、司法書士が行える債務整理は、『140万円以下の借金の交渉権』と『140万円以下の訴訟代理権』に限られており、140万円を超える場合の借金に関しては依頼が行えないので注意しておきたいところです。しかし、弁護士の場合は、債務整理の金額に関しての縛りが無いので、債務整理の金額が大きい場合には弁護士に依頼する事をお勧めします。ただし、債務整理を依頼する場合には、弁護士が提示する報酬額の安さよりも、今までの実績や経験などから選択する方が賢明です。債務整理を弁護士に頼むと、誰しも報酬額を気にしてしまいます。しかし、債務整理において重要なのは報酬額の安さよりも、債権者との協議でどのくらい債務者にとって有利な条件を引き出すかの方が重要になってきます。この時、今までの実績や経験が豊富なほど、良い結果を出す事ができます。こういった『結果を出してきた弁護士』は、おのずと報酬額が高くなり、優秀な弁護士の証左でもあるので、債務整理を依頼する時は参考にするといいでしょう。また、最近の弁護士は初回の相談を無料で行うところがい多いので、そういった弁護士を有効に利用することをお勧めします。この時重要なのは、事前に債務整理に関する情報をあらかたそろえておく事が重要です。そうする事によって、その後実際に依頼を行う時にスムーズな話し合いを行う事が可能になります。また、加えて弁護士の債務整理に関する実績を聞いておくと、依頼するときの目安になります。ただし、報酬額や実績なども重要ですが、やはり相性や人柄なども確認しておく事が大切です。債務整理を行うといっても、信頼関係が構築できなければ安心して任すことはできません。ですから、相談時の対応の仕方や印象などもしっかりと見ておくと、依頼後の話し合いも納得のがいくものとなるでしょう。また、債務整理を行う時には、比較対象するためにも複数のところに依頼することをお勧めします。そうする事により、本当にその弁護士事務所や司法書士が債務整理に向いているかどうかがより鮮明になって見えてきます。自分に適したところに依頼するためにも、以上の様な点は踏まえておくといいでしょう。