借金を返済しないと詐欺で警察に捕まるか?

MENU

借金を返済しないと詐欺で警察に捕まるか?

金融業者からキャッシングをして返済が出来ない場合は詐欺行為として逮捕されるのか? これに対しては刑事事件に該当しないので警察に逮捕されることはないと言うことが出来ます。勿論お金を借りて返さないのはいい事ではありません。ですが民事の範疇内の話だから、最初から詐欺行為を狙ってしたのでなければ警察に捕まるといった心配はしなくていいでしょう。ですが民事での裁判で提訴されて判決が出た場合は強制執行が行われて所有財産の差し押さえがされる場合があります。ですがお金に変えれる様な財産がない場合は怖いモノはありませんが、毎日返済を要求されて平和な毎日をおくることは出来ません。よく聞かれる「借金を返済しないと詐欺行為に該当し逮捕されてしまうのか?」という質問に対し回答していきます。同じような不安がある人は是非目を通して役立てて下さい。 最初から返済する意思がない借金というのは詐欺的な行為と言えます。 注意して欲しいのは努力をしても返済が出来ない場合は不可抗力と言えますが、初めから返す気がない借入は詐欺行為に該当する場合があるのです。この場合の返す気がないとは、返済を1回でも支払ったかどうかで判断されます。例を挙げると返済出来ないからといって初めから自己破産を予定していてその為の資金に消費者金融から50万円を借りて、その足で裁判所に行って破産申請をしたといったケースです。 新規の借入で1回も支払い事実がないというのは、きちんとした理由がなければ当然認めることは出来ません。今紹介したような例は返せないのとは異なり、初めから返す気がないと言えます。弁護士に自己破産手続きをお願いする際にも詐欺の疑いを持たれるから、少なくとも1度は借金の返済をするようにアドバイスされます。 返すことが出来ないのと返す気がないのとでは全然印象が違います。そして借金返済を一回でもしたかどうかに焦点が当てられます。収入が全然ないから返済出来ないと知っているのに収入がない旨を伝えずにお金を借りていないか?そんな点に注目します。ですが初めから借金を返済できないことが前提であっても、1回だけでも支払いをした事実があれば詐欺行為として逮捕されることはありません。それは貸主側は初めから返済するつもりがない事を立証する必要があるからです。詐欺の立証はとてもやっかいと言えます。返す気があったと借りた側が主張すれば嘘の証拠を探すことは簡単ではありません。返済しないで放置したらどうなるのか?先ほども説明しましたが、借金は返済出来ない場合でも差し押さえるような財産が無い場合はどうすることも出来ません。電話や家に取立てにっくるうくらいしか出来ないのです。ですが通常の感覚では家に来られたり電話が何度もかかってくる毎日に我慢できなくなり必死になって返済をする為に努力をします。返済能力が無い場合は法的手続きをするしかありません。借金を放置しても逮捕されたり、金融業者の人に暴力を振るわれるといったことはないのですが、放置しても何の解決にもなりません。困難から目を背むけていないでまずは弁護士に相談して下さい。法的な借金返済方法を行うことで必ず解決する事が出来ます。