債務整理とは?種類と流れ

MENU

債務整理とは?種類と流れ

弁護士や司法書士に頼む前に、債務整理にはどの様方法や手続きがあるかを事前に知っておく必要があります。債務整理には、『任意整理』・『特定調停』・『個人民事再生』・『破産』の4つのタイプが存在します。『任意整理』とは、貸付を行う側と借入れをした側とが双方に協議を行って、利息や月額の返済料を見直して完済をしていく方法です。もしこの時、利息制限法で禁じられている上限金利を超えた利息があれば、貸付を行う側からいわゆる『過払い金』を請求する事ができます。こういった事を一般的に『過払い金請求』といい、『任意整理』を行う時には必ず確認されます。次に、『特定調停』ですが、行われる事柄は『任意整理』と殆ど度同じなのですが、仲裁人として簡易裁判所が仲介して協議を行います。ただ、『特定調停』においては、『任意整理』と異なり『過払い金請求』をすることができません。ですから、『過払い金請求』を行いたい時には、新たに『過払い金請求』の手続きをしなければならないので注意が必要です。つづいて『個人民事再生』ですが、この方法では『個人民事再生』を裁判所に申告して、返済額の減額を目指すやり方です。減額の程度に関しては、借金の総額や自身の資産状況によって減額料が変化します。ただし、『個人民事再生』の申告が通って減額が決定した後は、原則3年間のうちに完済しなければなりません。最後に、『破産』での債務整理ですが、破産申告を裁判所に行って返済を行う方法です。破産申告が裁判所によって認められた後には、預金や家などの全ての資産を処分して返済を行います。この時、裁判所で免責が認められれば、全資産を差し引いた後の残りの借金は無くなり、返済の義務が免除されます。いずれの債務整理を行うにせよ、債務整理が完了するまでにはある程度の時間を要します。期間はそれぞれの状況によって異なるのですが、概ね『任意整理』ならば3ヶ月、『自己破産』なら1年間必要になります。なお、債務整理を行っている間は、終始何らかの手続きが行われているわけではありません。現実には、裁判所や貸主の返答を待っている事が多いので、申請中は焦らず気長に待つことが肝心です。以上が債務整理の方法と主な流れになります。どの方法で債務整理を行うにしても、弁護士や司法書士に頼む際には、現在の借入や収入、資産状況を伝える必要があります。また、必要書類等なども必要なってきますので、予め準備しておく事をお勧めします。