住宅ローンのリスケとは

MENU

住宅ローンのリスケとは

借金とはいっても、生活があまりにも苦しいためにやむなくするものもあり、住宅ローンのように、将来的な展望も見据えて、ある程度計画的に行うといったものもあります。住宅というのはもともとサラリーマンの年収の何倍もの金額が必要となるものだけに、銀行などの金融機関から住宅ローンを借りるというのは一般なよくあることですし、借金であるという認識も、世間的にはあまりないものといえるでしょう。
しかしながら、住宅ローンもりっぱな借金には違いなく、毎月、数十年にもわたって、元金と利息とを返済していかなければならないものであり、家計の負担の相当な部分を占めていることはたしかといえます。そのため、たとえば不景気になって会社が倒産してしまったり、そこまでひどくはなくても、売れ行き不振でボーナスがカットされてしまい、当初の返済のシナリオがくずれてしまうということはあるものです。
こうした場合、毎月の住宅ローンの返済条件の一部を金融機関に変更してもらって、家計の収支状況からみて、十分に返済可能な水準にするという、リスケジュール、いわゆるリスケという方法があります。しかし、リスケジュールというのは、当初の返済計画を借り手にとってつごうがよいように変更するわけですから、金融機関の側に大幅な譲歩を迫るというものになります。当然ですが、しがない個人である借り手が金融機関のような大勢力を相手にして、このような譲歩を引き出すというのには、やはり無理があります。
そこで、本人がみずから交渉をするのではなく、法律問題のプロである弁護士に交渉のいっさいを依頼することによって、こちらに有利な条件を引き出し、リスケジュールを成功させるということがよく行われています。弁護士であれば、あらゆる法律上の問題に対して、個人にかわって示談や訴訟などの手続きを行うことが、法律上も認められていますので、こうした一見すると難しいように考えられる交渉であっても、妥結の見通しは十分にあるわけです。