離婚時の夫婦の借金について

MENU

離婚時の夫婦の借金について

夫、あるいは妻の連帯保証人になっているのですが、離婚をすることになった場合、これはどうなるのでしょうか?
一応は「保証人」という名目になってはいますが、実際はお金を借りた人と同じ立場にあり、同じ義務を背負っていることになります。つまり借りた張本人が死のうが、別れようが、この責任から逃れることは出来ません。どうしても外れたければ、別の保証人にバトンタッチするか、残っている借金を全部返してもらうかのどちらかしかありません。
慰謝料や財産の分配方法については、家や車のローンやキャッシングなど使い道は色々あると思いますが、借金は全て個人のものという扱いになっているので、夫婦だからといって必ず返さなくても構いません。ですが離婚をするなら注意して下さい。離婚の時には、結婚が成立している間に貯めた財産を分け与えるのですが、マイナスの財産もここに含まれてしまうのです。とはいえ全部ではなく、一般的な生活を送るために借り入れたものに限られます。夫か妻のどちらかが、遊ぶ目的などで個人的に作った負債は入りません。
慰謝料は借りたお金があってもなくても請求が可能です。しかしいくら離婚出来たとしても、相手にそれだけの金額を支払える資金がなければ受け取れません。持ち金以前に、ローンなどのマイナス方面の財産が多かった場合は、財産は分けません。プラス(現金や不動産ですね)−マイナス(対象となっているものに限ります)の方がゼロよりも多い時に「残ったプラスの財産」をそれぞれが分けるのだと覚えましょう。
なおここでの解説は、あくまでも一般的な決まりを述べているだけに過ぎません。これらのルールは、夫婦の間で好きなように決めることが出来ます。なので、無用なトラブルを避けるために、お互いが納得のいく内容になるまであらかじめ相談をして、書類か何かにまとめておけば揉めなくて済むでしょう。
ちなみに借金を抱えてしまった時の最終手段であり救済措置が「自己破産」です。これは一部を除き、持っている土地・お金・建物と引き替えに、借金をなかったことに出来る決まりです。これをするもしないも個人の自由ですが、養育費はどうすればいいのでしょう? 慰謝料も財産も綺麗にまとまって、無事に離婚が済んだけれど、その後で自己破産されてしまったというケースがあります。
はっきり言ってしまうと、借金はなくなっても養育費は支払わなければなりません。子供が健やかに生活していくために必要なお金という扱いなので、払い続ける義務があります。