リボルビング方式とは

MENU

リボルビング方式とは

借金の返済方法としてリボルビング方式というものがありますが、これは便利な半面非常にリスクの高い返済方法でもあります。
まず、リボルビング方式のメリットとしては月の支払額がどれだけ借りていても一定金額で済むので、返済の負担が少ないというものがあります。
通常であれば借金の金額が大きくなれば、月々の返済額も増えるので返済をするだけで生活費が残らないといった状況になってしまうこともありえますがリボルビング方式であれば、余裕のある範囲で返済をすることができるので返済の負担が少ないものとなっています。

 

これだけ見れば非常に利点の多い返済方式に思えますが、問題点としては借入額が増えても返済額は変わらないのでお金を借りている意識が希薄になりつい使いすぎてしまうというものがあります。
そして、金額が大きくなればなるほど当然金利の影響も高くなりますから、借入額が大きく返済額が少ない場合には延々と利息だけを支払い続けるということになりかねません。
月々の返済額が一定なだけにどれだけ金利が発生しているのかということもわかりにくく、長期間返済していたつもりであっても気づいた時には全く元金が減っていないという事も有り得るのです。

 

正しく管理をすることができていれば、返済の負担が少なく利点のある支払い方ですが単純に月々の返済の負担が少ないから魅力だと思ってこの返済方式を選ぶと泥沼にハマり込んでしまうという恐れもあるのでリボルビング方式の特徴というのをよく理解して利用しなければなりません。
リボルビング方式でなかなか借金が減らないという状況になってしまったら、とにかく繰り上げ返済などをして積極的に借金を減らしていくことが重要となります。
月々の返済額もできるだけ切り詰めて、少しでも多くの金額を返済に充てるようにしましょう。
月々の支払が少ないというのは、結局その時の負担を先延ばしにしているにしか過ぎませんからその辺を理解しておかなければなりません。