おまとめローンとは

MENU

おまとめローンとは

初めてのローンがおまとめローンという方はいません。
おまとめローンとは複数社から借入れた借金を一本にするためのローンであり、一本化ローンとも呼ばれています。
ラインナップしているのは主に銀行ですが、これは総量規制の対象にならないメリットがあるからです。
ローンをおまとめするには、一時的に追加融資を受けなくてはいけません。
消費者金融は年収の3分の1が借入上限となるため、おまとめローンには向いていないのです。
一部の消費者金融では近年になって総量規制の対象外となるおまとめローンを用意するようになりましたが、金利が低いという意味でも銀行のおまとめを利用するメリットのほうが大きいでしょう。

 

ローンをまとめるからには、まとめる前よりも返済が楽にならないと始まりません。
借入先を1本にまとめるだけでなく、金利も下げていくべきなのです。
消費者金融から借りている方の場合だと、消費者金融ローンでおまとめするメリットは小さいです。
消費者金融の実質年率は、どの業者もあまり違いがないからです。
18.0%で借りている状況から0.2%下がって17.8%になっても、返済額はそれほど変わらないでしょう。
これが銀行ローンとなると、一気に15%未満まで引き下げることも可能となります。
3%超の差となると、毎月の返済額の違いははっきりと実感できるでしょう。

 

おまとめローンの利用で注意したいのは、元金が減ることはないことです。
例えば、借りた100万円はおまとめ後もそのまま残るということです。
ただ、利息に関しては引き下げることが可能なので、総支払い額と考えると減額は可能でしょう。
ローンおまとめ後は毎月の返済が楽になるはずですが、そこに甘えて追加で借入はしないように注意しましょう。
繰り上げ返済も併用しつつ、短期間で返済をするように工夫してください。
キャッシングの利息は日数計算なので、返済期間と利息は比例しています。
利息を抑えるためにも、早期の返済計画を立てていきましょう。