マイナンバーの導入で借金はばれてしまう?

MENU

マイナンバーの導入で借金はばれてしまう?

マイナンバー制度の運用開始!はたして借金は発覚してしまうのか?

 

平成28年1月よりスタートしたマイナンバー制度。
今後、会社からマイナンバーを尋ねられることがあるかもしれません。それはなぜかというと、所得の申告の際に必要になるからです。
国に給与支給額を申告する際、マイナンバーで管理することによって国が国民一人一人を管理しやすくなるという利点があるからなのです。
もちろん利点があるのは国だけではありません。国民一人一人にだって利点はあります。各種住民サービスを受ける際、各機関にわざわざ足を運んで証明書を発行してもらわなければならなかったものが、一つの窓口で済むようになるのです。負担の軽減にもつながります。

 

ところがこのマイナンバー制度!借金がある方にとっては気がかりだなあと思われる方が結構いるんじゃないでしょうか?。
それは、“ 会社に借金が知られてしまわないか ”という点。
この点はご心配なく!マイナンバー制度というものは、国が個人を特定する為のものであり、企業側がマイナンバーを利用し借金を調べるようなことは出来ません。
ご安心くださいね!
・・・ただし、注意しなければならないことがあります。それは、年金や税金等の未納!これは指摘をされてしまう可能性があるのです。
というのも、個人の特定が目的のマイナンバー制度。税金・年金等の未納者対策というのも一貫として実はあるのです。未納者数は年々増え続けていっています。このままでは将来年金制度自体が破たんしかねない事態に陥りつつあるのです。そうならないためにも打った秘策なのです。未納が長く続いてしまった場合、会社の給与が差し押さえられる事態に陥る可能性もあるのです。これは絶対に気を付けなければなりませんね。

 

近年、会社からの給与だけでは生活が難しく、副業をされている方やアフェリエイトなどをされている方もいると思われます。
実際、企業によっては副業を推奨するところも出始めています。これは勤める側にはありがたいことでありますよね!
ところが、この副業についても注意しなければならない点があります。
このマイナンバー制度が始まったことにより、副業をされている方はある程度収入がある場合は税金をきちんと納めないと大変なことになってしまうのです。
会社側から直接個人の情報を得るということは出来ないマイナンバー制度ではありますが、税金や年金が未納となってしまった場合、上にも挙げたように、
給与の差し押さえや最悪の場合は資産の差し押さえもあるということなのです。これでは会社側にも知れ渡ってしまいます。考えただけでも恐ろしいことですよね。
ちなみにこの “ 資産の差し押さえ ”。所有する自動車から始まり、預貯金、さらには生命保険や最悪の場合には土地建物などの不動産に渡るまで差し押さえられることとなるのです。こんなことに万が一なってしまっては会社には完全に知れ渡ってしまいますよね。ここまで考えるとゾッとしますね。
最悪の事態を想定してみるとゾッとすることの連続ですね。

 

マイナンバーの運用が本格的になり、多岐に渡るようになると徐々に税金や年金等の未納に対しては厳しさが増してくるのは確実です。そのようなことに陥る前に、債務の見直し整理や未納部分の払い込みはきちんとしておくべきですね。