借金返済計画の作成方法

MENU

借金返済計画の作成方法

額の少ない借金であれば、純粋にお金を返す意志を持っていれば完済は可能です。
しかしあまりに借金の額が膨れ上がって複数の金融業者を利用し始めると、効率のよい返済計画が必要になってきます。
まず借金返済計画を作成するうえで重要なのは、月々に返済可能な額を知ることです。
基本的には収入から毎月の生活費を差し引いた額が返済可能金額となりますが、この時に大事なのは過度な無理を避ける点です。
借金を完済するためにも節約は大事ですが、長期間の返済計画となると切り詰め過ぎは心身の変調をもたらす原因になりかねません。計画を立てた後からでも返済が大変だと感じた場合は、少し返済額を少なめにするなどして、心身に大きな負担にならないようにするほうが安全です。
また中間目標を設定し、そこまでたどり着いたら自分の好きなものを一つだけ買う、好きなものを食べるといったご褒美を作るのも、返済計画を成し遂げる上で大切なモチベーション維持に効果が期待できます。
そして返済可能な金額が判明したら、次は返済していく順番を決めます。
順番としては、まず利息の高いところを最優先に返済するのがコツです。こうすることで利息分の返済を減らせるので、結果的に返済額を少なくできます。
金利が大して変わらない時は、残金が少ないところから返済していきましょう。
複数の金融業者に返済を続けていると、必然的に一か月に何度も返済日が訪れるのでモチベーションの維持がしにくくなります。それを食い止めるためには利用する金融業者の数を減らすのが一番手間がかからない方法ですし、返済日が減る分だけ借金返済にかかる手数料やATMや窓口に行くための手間や精神的負担も抑えることができます。
そして返済する金融業者の順番が決まれば、あとは計画に従って返済していくだけです。
借金返済計画はグラブなどにして、自分がよく目にする場所に貼りつけておくと効果的です。返済が終わったら印をつけるなどの行為を追加すると、関西に近づいている実感を持ちやすくなるでしょう。