借金一本化おまとめローンがお得では無い

MENU

過払い金請求デメリットが無いか調べてみました

沢山CMが放送されたりして、すっかり世間にも浸透した「過払い金請求」という言葉。簡単に説明すると、金融機関などにお金を返した後、支払わなくて良かった分の利息を、逆に返してもらうという制度です。

 

多くの法律事務所などがこの業務を引き受けるようになったことで、誰もが気軽にできるような印象も持ったりします。しかし、金融機関を相手にして、法的なアレコレでお金のやり取りを行うわけですから、何か面倒事に巻き込まれてしまうのではないか、と心配にもなります。

 

太古の昔から、友達同士のお金の貸し借りでもトラブルが発生する世の中。果たしてこの制度にデメリットは存在しないのでしょうか?

 

■請求するとブラックリスト入り?

 

ネットの噂などでたまに見聞きするのが、過払い金請求を行うことでブラックリストに掲載され、今後お金が借りられなくなるというもの。人によっては文字通り死活問題にも繋がりかねない重要なことですが、この噂には根幹の部分からおかしな点があるのです。

 

金融機関などにおけるブラックリストというのは、債務者の返済能力を信用情報機関が調べ、情報として整理されたものを指す「比喩表現」です。お金の返済ができない人などがブラックリストに載ってしまうわけであり、過払い金請求を行う上ではかすりもしない制度です。

 

…と言いたい所なのですが、現在のように過払い金請求が当たり前になる前、関連する法律が改正されるまでは、ウソではない時期もありました。当時、信用情報機関は過払い金請求を行う人に対して「契約見直し」という情報を付け加え、ブラックリストに載せていたのです。これが原因で、わざわざ払う必要のないお金を全額返済してから過払い金請求を行うという、非常に手間のかかる作業を強いられたこともあったのです。

 

繰り返しになりますが、現在は過払い金請求をしたからと言ってブラックリストに載ることはありません。安心してお金を取り戻してください。

 

■請求をした会社とは「絶縁」に?

 

もう一つよく聞く噂として、過払い金請求をした金融会社に対しては、二度とお金が借りられなくなる、という話がありますが、これについては本当とも嘘とも言い切れません。社内の独自ルールが設けられている場合は、実際に借りられなくなる可能性がありますし、何の問題もなく以前と同じように借りることも出来ます。利用している会社次第ということになりますが、金融会社は国内に何十社もあるわけですから、仮に借りられなくなったら他の会社を利用すればいいだけのことです。

 

また、これに関連する噂として「会社側から何かしらの嫌がらせを受ける」なんてものもあります。が、過払い金請求は法律で認められた制度であり、そもそも論としてお客さんにネチネチと文句を言うための部署なんて聞いたことがありません。なので、これに限っては完全な都市伝説と断言できます。

 

■どれぐらいの時間が必要?

 

結論から言えば、1人でやるにはリスクが大きすぎるので、よっぽどがない限りやらないほうがいいです。個人対企業のやり取りには時間的な限界もありますし、裁判所などから様々な書類が届くこともあるため、家族に内緒にしていた場合はバレること必至です。金融会社も、せっかく得た利益が目減りしてしまうことを避けるため、請求額より低い和解金で落とし所を見せたり、色々な方法で対策を練っています。

 

そのため、必然的に頼りになって来るのが法律事務所などの専門家や弁護士です。その道のエキスパートに任せることで、請求までの時間を短縮できる上、精神的な負担も軽減でき、請求額が満額帰ってくる可能性も格段に高くなります。最近では着手金などを支払うことなく話を聞いてくれる専門家もいるので、1人で悩んだりせず、気軽に相談してみると良いでしょう。

関連ページ

過払い金の計算
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?
過払い金の時効と請求期間
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?
相談おすすめ弁護士
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?
過払い金を手続きを自分で
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?