借金一本化おまとめローンがお得では無い

MENU

過払い金の計算方法について

●過払い金の計算のしかた
金融業者とかカード業者に支払い過ぎた利息のことを「過払い金」と呼びます。
過払い金は申し込んで返還してもらえますが、最初にどれくらいの過払い金が積まれているか計算しないといけません。
過払い金の計算のしかたについてお教えします。

 

●過払い金の詳細
2010年に貸金業法が改定されました。
昔は利息制限法と出資法という2法律から考慮してお金の貸し借りがやり取りされていました。
利息制限法は、10万円以下の貸し付けに対しては20パーセントまでの上限金利、10万円以上100万未満だと18パーセント、
100万以上だと15パーセントまでの金利と決められています。

 

ところが、出資法では全て29.2パーセントまでの金利が容認されていました。
大抵の金融業者は法律スレスレの高い金利を求めるので、利息制限法と出資法とのすき間を取って高金利を求めていました。
この15パーセントから29.2パーセントまでのすき間を「グレーゾーン金利」と称していました。
法律が改変したことにより、金融業者は上限29.2パーセントの高金利を取り立てられなくなりました。
それどころか、その日までグレーゾーン金利で返してた分があったら、奪還まで可能になったのです。

 

●過払い金をねん出してみよう
ひとつの例えとして、29パーセントのグレーゾーン金利で100万を借りたと仮定しましょう。1年後の返済する値段は、金利を入れて129万になります。
ですが、法律改変後は利息制限法にのっとって利息を支払うので、100万の借り入れであれば15パーセントの利息でOKになります。
すなわち1年後の返済する値段は115万です。
129万を返していたのなら支払い過多になるので、129万ー115万ー14万の過払いが生じています。
こんな風な、過払い金をもう一度計算するやり方を「引き直し計算」と呼びます。

 

●過払い金を要求します
過払い金を計算するには、自身の正しい借り入れ履歴を理解しなければなりません。
明細をきちんと保管しておいた場合はそれを元に計算できますが、周りに明細がなく値段が不明な場合は、取引をした金融業者に電話して明細を寄越してもらうことが大事です。
近頃は過払い金をオート計算できるホームページが存在しますので、最初は自分で計算して下さい。その時点で自分がどれだけ払い過ぎたのか理解できるでしょう。
万が一いくつかのローン業者から借金をしていたり幾年にもわたって借り入れをしていて取引が分からなかったりする場合は、
過払い金要求の専門家である弁護士にHPで相談するといいです。
大抵の弁護士が無料コンサルティング窓口を設けているので、気兼ねなく相談可能です。

 

 

 

関連ページ

過払い金請求デメリットは
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?
過払い金の時効と請求期間
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?
相談おすすめ弁護士
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?
過払い金を手続きを自分で
借金が返さない減らない時に考える借金の一本化。おまとめローンが有名ですが本当に得なのでしょうか?それ以外の方法で借金を減らしませんか?