住宅ローンの返済に困った

MENU

住宅ローンの返済に困った

住宅ローンの返済に困った場合の解決策としてはまず弁護士に相談することが大切です。
弁護士が住宅ローンの返済を肩代わりしてくれるなどのことはありませんが、借金問題を解決するに当たって弁護士の力は非常に心強いものとなるでしょう。
では弁護士に相談するとどう変わるのかと言うと、まず挙げられるのが「自己破産以外の債務整理による借金問題解決のアドバイスをしてくれる」ということです。
借金問題を解決するにあたって自己破産を選ぶというのはリスクも大きく、特に住宅ローンを借り入れている場合はその住宅を失うことにつながってしまいます。
そのため住宅を守りながら借金問題を解決するということであればまず弁護士に相談し、状況の分析を行ってもらった上でどういった対応策が考えられるのかアドバイスをもらうべきです。
もし他に借金があって、その負担さえ無くなれば住宅ローンの返済は継続出来そうだということであれば住宅ローン以外の借金をどうにかすれば良いわけです。
それならば個人再生という方法を選べば住宅ローンには手を付けず、その他の債務の返済額を大きく減少させて住宅ローンの返済に集中できる環境を作ることもできるでしょう。
またその他の債務が無い、失業が長引いているなどの事情で住宅ローンの返済も出来そうに無いということであれば、自己破産を見据えて今後の計画を練って行くことになります。
しかしこの場合も弁護士が手続きを行った方が実際に債務が免除されるまでの時間が短くて済み、また事前に支払う手数料なども割安になるといったメリットがあります。
そうしたことを考えると、住宅ローンの返済に困ったという場合には弁護士に相談してアドバイスをもらうことが必要になると言えるのです。
最近ではインターネットで検索すればすぐに近隣の弁護士事務所を見つけることができるようになっていますし、おおよその弁護士事務所では初回の相談料を無料とするサービスを行っていますからまずは弁護士事務所を探してみましょう。