離婚すると住宅ローンはどうなる?

MENU

離婚すると住宅ローンはどうなる?

マンションでも一戸建て住宅でも、自宅として住宅ローンを利用して購入を行っている方が存在しています。自宅を有している方でも、後に離婚をしてしまう場面もみられ、このケースでは住宅ローンの状態について問題になってしまう可能性があります。住宅ローンを利用している場合では、借金をしているのと同じ状態にあることから、ローンを組んだ際の名義人に支払い義務が生じることも一般的なことです。例えば夫名義でローンを利用している場合では、たとえ離婚を行った場合でも、夫が支払い続けることが義務とされており、このケースでは妻側には支払う義務は生じないことも通常のことです。また、夫婦揃って共有名義として購入をした住宅の場合では、二人に借金の支払い義務が生じることになるので、お互いに話し合いを設けて支払い方法などを確認することが必要になります。一般的には離婚をしてしまった場合では、その後に二人で住宅に一緒に居住することは考えにくい状態になることから、離婚に合わせて住宅の所有者を明確にすることも大切なことです。例えばお子さんの存在しているご家庭の場合では、住宅ローンを利用して購入した住宅でも、そのまま住み続けることを希望される方も多く、この場合では夫側が家を出ていくことになります。このような件では夫名義で購入した物件でも、夫がそのままローンを支払い続ける方法、そして名義変更を行って妻側が残債を支払う方法に分けることができます。このような内容に関しては、それぞれのご家庭で事情が大きく異なる場合もあり、お子さんがいる場合でも、妻が賃貸アパートを借りて居住する場合もあり、自宅が不要になってしまうことも考えられる内容です。このケースでは、自宅を売却する方法もあり、得ることのできた資金で残債を支払ってしまう方法もあります。しかし、残債の方が大きい場合では、売却することが難しい状態にあると考えることもできるので、得意分野にしている弁護士に相談を行う方法で、任意整理を含めて解決策を導き出すことができます。