自己破産したら保証人が借金をするの?

MENU

自己破産したら保証人が借金をするの?

消費者金融業者やクレジット会社、あるいは住宅ローンなど多額の債務を抱えてしまい、返済が困難な状況に陥ってしまった場合には自己破産などの債務整理手続きをしなければなりません。完全に返済が難しくなってしまった場合には自己破産を選択し、管轄の裁判所に申立を行うことになりますが、その際には全ての債権者を報告しなければなりません。もし、債務のひとつに連帯保証人が付いている場合、主債務者の自己破産後は連帯保証人に債権者からの請求が行くことになります。つまり、主債務者の自己破産によって、その債務は連帯保証人の借金となってしまうのです。主債務者は自己破産申立前に現在の自分の置かれている状況と今後について連帯保証人に出来るだけ説明しなければなりません。中には主債務者と連帯保証人が同時に自己破産を行うケースもあります。連帯保証人としては、突然の借金について支払っていかなければならなくなりますが、主債務者の代わりに支払った金銭については後日主債務者に請求することは可能です。また、主債務者の免責決定後に毎月の保証分の金銭を主債務者から受け取るという行為も可能と言えます(破産手続き中にこの行為を行うと、免責不許可事由に該当する可能性があります)。このように、自己破産により債務は主債務者から連帯保証人に移り、全ての負担が連帯保証人に圧し掛かってくるのです。もし主債務者の代わりに連帯保証人が借金を返済していくのであれば、債権者にその旨を連絡することと、返済した場合には主債務者に返済した旨通知することが必要となります。

関連ページ

自己破産とその免責事項について
自己破産とは免責事項や回避方法
自己破産に掛かる費用
自己破産に掛かる費用
生活と家族|ローンの返済
自己破産すると家族はどうなる?生活は悲惨なのか?ローンも返済する必要は無いのか?
車は没収?
自己破産すると車は没収?
クレジットカードは持てない?既にあるカードは没収されるの?
自己破産したらクレジットカードは持てない?既にあるカードは没収されるの?
自己破産したら結婚は諦めるべきか?
自己破産したら結婚は諦めるべきか?