自己破産とその免責事項について

MENU

自己破産と免責事項|自己破産を回避する

自己破産とは、債務整理の一種です。債務整理といえば、任意整理のほうが利用者数が多く有名ですが、任意整理よりもさらに効果が強いものと考えておくとよいかもしれません。

 

任意整理では借金のうち、利息と遅延損害金だけを免除してもらいますが、自己破産では元本も含めてすべての借金をゼロにしてもらいます。ただし、所得税や住民税といった税金は免除されませんし、不法行為による慰謝料などは免除されないこともあります。

 

基本的にすべての借金を免除してもらうことになるので、当然ですがだれにでもできるわけではありません。借金を免除してもらうためには、借金が返済不能になっているということが必要になります。努力をしても借金を返すことができず、生活ができなくなると命の危険も出てくるので、裁判所が法律の力を使って借金をゼロにしてあげようという制度です。

 

このように大きなメリットがあるわけなので、当然デメリットもそれなりに大きくなります。マイホームや自動車などの資産はすべて失うことになり、5年から10年間は信用情報ブラックリストに載るので金融機関からの信用は失います。クレジットカードやローンが利用できなくなるということは一般人が思っているよりも大きいものです。車が必要な地方に住んでいる人は自動車ローンが組めなくなって生活に支障が出ることもあります。

 

自己破産とは、借金問題に困った人がとる最後の手段です。なるべく任意整理で解決してしまうことが好ましいので、早い段階で専門家に相談をすることが大切です。

 

免責事項について

 

自己破産における免責とは、裁判所から借金を無かったことにしてもいいと、法律的な決定を下されることです。注意する点としては、破産の手続きが完了しても借金が無かったことになるわけではありません。しかし借金の免責を受けるためには、なぜ借金を負ってしまったのかという理由が重要になり、その内容によっては免責を受けられなくなります。免責が不許可に該当するケースとしては、浪費やギャンブルで多額の借金をしてしまった場合や、破産の申立てをする前の1年の間に 経済的な信用に関わる情報を偽って借金をしたり、クレジットカードで買物をしたような場合があてはまります。また、破産申立てを行った日から、7年以内に免責を受けたことがある場合なども不許可に値する理由となります。これ以外にも様々なパターンが考えられますが、不誠実な理由でお金を借りたり使ったりすると、免責を受けられなくなる可能性があるます。しかし自己破産というのは、債権者に対して破産者の財産を分けるためだけでなく、借金を清算することで破産者が更生するのを助ける意味もこめられた法律です。ですので、免責不許可にあてはまる人でも、自己破産に至った理由を深く反省し、生活態度を改めて更生の意思を示せば、裁判所からは最終的に免責を与えられることも多く見られます。借金の清算には様々な方法があり、状況によっては自己破産以外の方法が有利な場合もあるので、専門家に依頼して相談することも一つの手段です。

関連ページ

自己破産に掛かる費用
自己破産に掛かる費用
生活と家族|ローンの返済
自己破産すると家族はどうなる?生活は悲惨なのか?ローンも返済する必要は無いのか?
車は没収?
自己破産すると車は没収?
自己破産したら保証人が借金をするの?
自己破産したら保証人が借金をするの?
クレジットカードは持てない?既にあるカードは没収されるの?
自己破産したらクレジットカードは持てない?既にあるカードは没収されるの?
自己破産したら結婚は諦めるべきか?
自己破産したら結婚は諦めるべきか?