元金均等方式とは?

MENU

元金均等方式とは?

借金を返済方式にはいくつかの種類があり、通常、それは借金の契約をする当初の段階で、どのような種類を選ぶかを決めますので、将来的に後悔してしまうことのないように、正しい知識をもつことがたいせつになってきます。
そのようななかでも、元金均等返済方式というのは、もともとの借金の金額を指す元金を、返済月数に応じて均等に割り振ったものに対して、さらに利息を上乗せして返済するというものです。
この方式の場合には、他の方式とは違って、返済を開始した当初の段階での利息部分の負担が大きくなりますので、結果として月の返済額も大きくなってしまうというネックがあります。
しかし、当初は苦しくても返済を毎月つづけていけば、やがて利息の部分は減っていきますので、他の方法よりも早く、借金の返済を完了することができるというメリットがいっぽうではあります。
したがって、たとえば住宅ローンのような、一度に大きな金額の借金をする場合には、当初の負担も大きいことから、あまり適した方法であるとはいえませんが、逆にカードローンのような少額の借金であれば、あとあとに利息部分を溜め込んでしまい、トータルでみた返済の金額が膨らんでしまうおそれがありませんので、もっとも適した方法であるということができるでしょう。
また、元利均等返済方式のような方法とは違って、毎月の返済額は一定してしておらず、そのつど返済金額をたしかめなければならないという点も、まちがいのないように認識しておかなければなりません。
もしも当初契約の段階で、ふさわしくない方式を選択してしまった場合には、他のローンに借り換えをするといったことも考えられますので、頭に入れておくとよいでしょう。
もちろん、借り換えについても一定の審査や申し込みの条件などがありますので、かならずしも実現するわけではありませんが、月々の負担をできるだけ軽くするという観点から、ローンプラザで相談をしたり、返済シミュレーションを作成してもらうなどといった試みはしておいたほうがよいかもしれません。