元利均等方式とは?

MENU

元利均等方式とは?

借金をした場合の返済方式には様々な種類がありますが、その中で最もポピュラーといえる方法であり、住宅ローンや学資ローン(奨学金)などといった取り扱う金額が比較的高額になる場合に適用されることが多いのが「元利均等方式」と呼ばれる方式です。
借金を返済する場合、融資を受けた所へは元金と利息を合わせた金額を契約時に決められたルールに従って支払わなければなりませんが、元利均等方式が適用されると返済が完了するまで毎回の返済額は常に一定となります。これは借金をした人にとっては非常にわかりやすく、返済計画を立てるのを容易にさせます。しかし、返済額は利息部分の返済に優先的にあてられるため、返済開始時は元金部分の残高は思うように減っていきません。そのため、元金返済方式などの他の返済方式と比較すると、完済までの期間と返済総額が増えるデメリットがあります。ただし、このデメリットは約定返済のみで返済する場合に生じるものであり、お金に余裕があるときに繰上返済を行えば、早く元金部分を減らすことができ、完済するまでにかける期間も短縮させることができます。
一方、大手消費者金融会社をはじめとして、貸金業者の中には元利均等方式に残高スライド方式の要素を取り入れた「残高スライド元利均等返済方式」を導入している業者が多いです。残高スライド元利均等返済方式では借入残高をいくつかの階層に分けており、各回の返済額は特定の日の時点の借入残高がどの階層に当てはまるかで決まります。毎回の返済額は借入残高が高いほど高くなるように設定されています。そのため、返済を順調にすすめていけば毎回支払わなければならない金額が少なくなっていくため、毎月の収入がほぼ一緒で安定していれば、返済額が減った分だけほかの目的でお金を使うことができるようになりますが、通常の元利均等方式より返済にかける期間が長くなり、借入先への支払総額も多くなります。残高スライド元利均等返済方式では、早く借金を減らしたいと考えている場合には通常の元利均等方式以上に繰上返済を上手に活用する必要があります。