彼氏に借金があったら結婚する別れる?

MENU

彼氏に借金があったら結婚する別れる?

結婚を考えている彼氏に借金があるときには、そのまま結婚しようかどうか迷うかもしれません。ただし、借金問題というものは本人に返済能力が無かったときには、法律的な手続きである債務整理で解決ができます。債務整理の種類の中には、抱えている全ての借金を帳消しにできる自己破産という手続きもありますし、自己破産をしたとしても影響があるのは債務者当人のみとなりますので、配偶者に借金の返済義務が生じるということはありません。自己破産は借金の全てを免除してもらえる手続きですが、デメリットとして住宅や自動車などの財産を手放さなければならない点があります。そのために結婚した後の生活において、住宅や自動車を維持して生活を過ごすことができないことを知っておく必要があります。また、新たなローンなどを利用したいと考えたときに、金融機関に申込みをしたとしても、過去の金融事故について確認が行われますので、自己破産の場合には約10年間ほどは新規のローンを組むことができません。自己破産以外の他の債務整理の場合であっても、約5〜7年間ほどはローンを組めないものと考えておいたほうが良いです。このような金融事故の影響によってローンが組めない事態は、債務者個人に関わる問題ですので、結婚した後の配偶者の名義でローンを組むことは可能です。従って、住宅ローンを組んで住宅を購入したいというときには、配偶者の名義で借り入れを行うことになります。