借金で死にたいと思ったらどうするべきか?

MENU

借金で死にたいと思ったらどうするべきか?

消費者金融などの貸金業者から多額の借金を背負ってしまったときには、死にたいと考える人もいるかも知れません。ただし、借金問題は法律的に解決できる方法がありますので、死ぬ必要はないことを知っておくことが大切です。自分自身の能力で借金の返済に首が回らなくなったときには、素早く弁護士に相談することがおすすめです。弁護士が所属している法律事務所では、借金問題に関する債務整理に対応しているところが数多くありますので、抱えている借金ごとに適切な対応をアドバイスしてもらうことが可能です。貸金業者からの借金の場合には、元本に加えて利息が発生していますので、時間が経過するとそれだけ債務額が膨らんでしまう特徴があります。従って、早く解決を目指すために、できるだけ早期のタイミングで弁護士に相談することが大切になります。借金問題を解決できる債務整理の手続きには、任意整理や自己破産、個人再生などがあり、債務者の置かれている状況に応じて、どの手続きを行うことが良いのかは変わってきます。一定の収入を得ている人であれば、弁護士に依頼して代理人として貸金業者と交渉をしてもらえる任意整理を選択することが可能で、債務額を減らすことで、3年程度の期間で完済を目指すことができるようになります。債務額を圧縮しても、3〜5年ほどの期間で完済が難しいと判断されるときには、自己破産を選択します。自己破産では破産の申し立てを裁判所に行って、免責が認められることで背負っている全ての債務の返済義務を免除してもらうことができます。