親の借金返済する義務はある?

MENU

親の借金返済する義務はある?

親が借金をしていて返済ができなくなった時、貸金業者がその子供に対して返済を迫るというのはドラマなどでは時折見かける光景です。
ただ現実の法律で考えるとこの主張は全く通らないものです。
なぜならば借金というのは当事者間での契約であり、仮に子供のために借りた借金であったとしても親が契約の当事者である以上、親以外に返済の義務が移ることはないからです。
従ってもしそうした要求がされたとしても、その義務は生じないとして断って良いことになります。
ただ一部例外もあり、まず親の借金の保証人になっていたということであれば返済義務は生じます。
保証人は債務者が返済を履行できなくなった際にその借金を弁済する義務を負う存在ですから、この場合は子供が肩代わりして返済をしていかなくてはならない形になるでしょう。
また相続によって親の遺産を引き継いだ場合にも返済義務は生じます。
相続は住宅や土地、預金といったプラスの財産を引き継ぐことを決めた場合には負債などのマイナスの財産についても引き継がなくてはならないとして規定されているからです。
もし親が亡くなって相続が発生した際に負債を相続したくないという場合には、相続そのものを断るか負債と相殺できる範囲のみを相続するなどの形で対応しなくてはなりません。
とは言えこうしたケースは借金の原則からいえば例外であることは確かですから、こうした例外に該当していない限りは子供が返済義務を負うことはないと考えて良いでしょう。