借金で悩まない

MENU

借金で悩まない

借金が原因で悩んでしまう理由は非常にシンプルなのです。
たくさん借りて返済ができなくなり、生活が逼迫されるから悩むわけです。
返済ができなくなると自然と言い訳も出てくるようになり、金利が高いから返せないと投げやりになる方も少なくありません。
しかし、貸金業者が一方的にお金を貸すことはなく、自分自身で申し込みして審査を受けてから借りたはずです。
審査が終了して限度額・金利を伝えられて、その内容に同意して初めて契約となります。
金利がわかれば利息計算も行えるので、利息が大きすぎるのは借りすぎが原因なのです。
例えば、借入が10万円の状態ならば、1ヶ月借りても利息は2,000円もつきません。
少ない借入においては、利息が高くて支払えないという方はいないのです。

 

借金で悩んでいる方は、キャッシングやカードローン利用者が多いです。
これらのローンは実質年率を導入しており、残高に対して日割で利息が発生します。
それゆえ高額を借りている方、長期的に借りている方などは多くの利息を支払うことになるのです。
キャッシングなどの多目的ローンの返済で悩まないためには、追加融資を受けないことが鉄則となります。
追加で借りてしまうと借金総額が大きくなり、金額に比例して利息も増えます。
すると毎月返済をしても、利息が大きいので元金が相殺されにくいのです。
それによって返済がさらに長期化して、生活を圧迫するという悪循環となります。
追加融資を受けないためには、お金を借りなくてもよい生活基盤を整えることです。
キャッシングに依存している方は、収入以上にお金を使っているケースが多いです。
貯金もほとんどない方が多く、万が一の出費に備えることができません。
例えば、友人の結婚式に誘われたけどお金がなく、キャッシングで調達したという方は多いでしょう。
多目的ローンは意外と簡単に借入できるため、一度でも借りると二度目もあると考えてよいでしょう。
やがて借りることに慣れてきて、借金をしている自覚がなくなっていきます。
ほとんどのキャッシングはカードが発行され、専用・提携ATMで利用することができます。
コンビニATMも使用できるので、ちょっと買い物したついでに借りた方も多いでしょう。
借りやすいローンほど、借りすぎになりやすいのは間違いありません。

フリーローンも多目的ローンに属しますが、キャッシングやカードローンほど使いすぎに陥るリスクはありません。
それは追加融資を受けるたびに、増額融資の審査を受ける必要があるからです。
カードで借入できるローンは、契約時に設定された限度枠内で自由に借入・返済できるのです。
利便性の高いローンほど、借りすぎには注意する必要があります。
財布にお金を入れておくだけでも、ついつい使いたくなるでしょう。
使えるお金があると考えてしまうと、気持ちが大きくなってしまうのです。

 

借金癖のある方はその体質から変えていく必要があります。
返済した直後に借入する癖がある方は、債務がいつまで経っても減りません。
まずはいつまで返済したいのかゴールを決めて、それから返済計画を立てていきましょう。
もしくは月に返済できる金額を算出してから、ゴールを設定していきましょう。
漠然と返済をしていても、債務はなかなか減らないものです。
積極的に減らしていくためには、返済シミュレーションを立ててみる必要があります。
早期完済するほど利息は減り、自分にとっての負担が軽くなるのです。
返済期間を延ばして毎月の負担を軽くすることは、将来的に見ると負担増しとなるので注意が必要です。
総支払い利息を減らしていくためには、いかに短期返済をするかが重要となります。

 

貯金する習慣を身につければ、借金を避けられる場合が多いです。
ローンに依存している方は、ローン契約する以前の段階で貯金を使い果たしています。
手持ちのお金がないからローンに頼ってしまうわけです。
収入が少ないから貯金ができないという方は多いですが、これが本当の理由ではありません。
収支のバランスがマイナスになっているから貯金ができないのです。
稼いだお金はすべて使い切ってしまうという方は、ムダ使いをしないことから始めます。
家計簿をつければ、必要なもの、ムダなものがハッキリと見えてきます。
衝動買いをする方は、ほとんど使わないものにお金を出してしまうものです。
使えるお金には限りがありますから、優先順位の低いものには使わないようにする工夫が必要でしょう。
貯金できない方は、貯蓄預金を利用するなどして毎月一定額を残すようにしましょう。
余ったお金を貯金するという考えでは、お金を貯めることはできません。
毎月貯金する金額を決めておき、手元に残ったお金を小遣いにするのです。
ちょっと意識を変えるだけでも、お金を貯められるようになります。
ある程度の貯金を確保すれば、万が一のときにも安易にローンを利用しなくて済むでしょう。
キャッシングやカードローンの契約をしないことが、ローンで悩まないための一番のコツなのです。