借金生活、どこで法的整理を考える?

MENU

借金生活、どこで法的整理を考える?

一口に借金といっても、そのレベルによっては雲泥の差があります。例えば、300万円の年収の人が10万円借りたケースと100万以上借りているケースとでは大きく異なります。10万円の場合には、毎月1万円ずつの返済でも1年以内には完済できます。ところが、100万円以上のケースとなるとそう簡単には完済できないということになります。完済できない場合には、昔なら夜逃げということでしょうが、最近では、法的な債務整理を検討することになります。それでは、法的な債務整理を検討する時期とは、どのような段階で考えるべきなのでしょうか。
前述の年収300万円のケースで考えると、10万円ではとても債務整理の対象にはなりえません。法的な債務整理とは、返済が困難な状況になったケースで認められるものなので、1年以内に返済可能な借金ではとても対象とはならないのです。ただし、100万円以上の場合には話が異なります。基本的に、消費者金融などの貸金業者の場合には、総量規制の適用があり、年収の3分の1以上の貸し出しは禁じられています。従って、この場合にはもう貸金業者からは借りることができない水準ということになります。しかし、銀行の場合には、総量規制の適用外ですので、ケースバイケースですがまだ貸し出すこともできます。尤も、100万円の借金では毎月の返済額も4〜5万円というところでしょうから、年収300万円の場合にはなかなか返済できない状態とは認められないでしょう。この場合には、例えば、リストラなどで失業して収入が無くなり、しかも、弁済すべき資産を所有してなければ、法的な債務整理が認められる可能性は高いと言えます。
このように、ケースバイケースですが、一般的には返済不能な状態となった場合には債務整理を検討することになります。ただし、法的な債務整理には、自己破産、個人再生、任意整理などの種類がありますので、これらの中から自分の状態に適したものを選択する必要があります。自分で理解している場合には自分で考えるのもよいですが、どの債務整理を選択すればよいかわからない場合には、弁護士などの専門家に相談するのが間違いありません。特に、債務問題に精通した経験豊富な専門家であれば、一目瞭然でどの債務整理を選択すべきか的確にアドバイスしてくれます。一般的には、金額が大きい場合には自己破産、金額は大きいが住宅ローンなどは残したい場合には個人再生、金額が小さい場合、任意で整理する債務を選びたい場合、過払い金の可能性がある場合などには任意整理を選択します。
それでは、自分で返済不能な状態と判断する時とはどんな時でしょう。なかなか自分で判断するのは難しいのですが、目安としては、3〜4件以上の多重債務状態で年収の3分の1以上の借金がある場合には、ほぼ債務整理予備軍と考えてよいでしょう。この状況で専門家に相談するのが最も良いです。ただし、現実にはこの段階では自分が債務整理をするなどとは微塵も考えてない人が多く、返済のために新たに借入をしたり、おまとめローンを検討するようになります。ただし、これらの方法では問題解決には至らないケースがほとんどでやみくもに借金を増加させるだけとなります。
一つの目安として非常に重要なのは、それまで通っていたカードローンなどの審査が通らなくなった時点です。これは、最早あなたに返済能力はありませんと金融業者が判断しているわけですから、法的な債務整理が認められる可能性は高い状況と言えます。既にこの段階では、返済のために生活に重大な支障が出ているとも思われますので、一刻も早く専門家に相談すべき時期であると言えます。おまとめローンの審査どころか、10万円の借入でさえ拒否されることもありますので、こうなれば最早貸してくれるところは闇金融業者だけということになります。もちろん、闇金だけは絶対に利用してはいけませんので、残された道は債務整理ということになります。
気軽に利用できる利便性の高いカードローンやキャッシングですが、ある時期から一気に新規利用が断られるようになります。それまでは、借りてくださいと言わんばかりのサービスが提供されていたのにです。金融業者もビジネスですので、返済能力がないと判断すると全く貸してくれなくなるのです。審査に落ちるとショックですし腹立たしくも感じるのですが、ここは冷静になって、もうすでに自分の返済能力を超える金額を借りてしまっていてこれ以上借りることはできない。しかも、実際に返済に窮しているという事実を考えて、債務整理を選択しなければならない時期にきているのだと考えなければならないのです。
特に、返済のために新規借り入れをするというのは全く意味のないことです。当月は何とかしのげたとしても、また次の月には同じように返済で苦しむことになるのですから。この段階ではできるだけ早く専門家に相談しなければなりません。