借金が減らない人は、悪癖があるはず!

MENU

借金が減らない人は、悪癖があるはず!

クレジットカードの支払いやローンの返済で毎月大変な思いをしている方も多いでしょう。利用金額を減らしても、なかなか残高が減らないし、どのように対策していいか分からない場合があります。だいたいにおいて、利用の仕方に癖がある方がほとんどですので、自分の状況を把握して、借金の残高を少なくするといいでしょう。
まず、クレジットカードやカードローンの返済方法ですが、分割で支払う場合に、リボ払いによる方法が良く用いられているのにお気づきでしょうか。返済額が一定にできるので、クレジットカードでは支払い方法をリボ払いにしている方も多いでしょうし、カードローンは一括かリボ払いかの2択になることがあり、一度に返すのが大変なので、リボを選択している方がほとんどだと思われます。
リボ払いは仕組みを知らないで利用すると、利用残高が膨れ上がる恐れがあります。当月の締め日の残高から、翌月の支払いが決定されます。残高から区分けされた額に合致する金額が適用されることになります。支払額は常に一定となるため、分割払いをし始めた時期は、ほとんどが利息で元金部分が支払われていないことになります。つまり、元金が減らないことで、なかなか支払期間が終了せずに借入期間が長期化して余計に利息が付くことになりますし、いつまで支払えばいいのか分からない状態になるのです。それに、利息は複利計算で付けられますので、支払い終えていない元金部分だけでなく、残高にも利息がつくことになり、総支払額がさらに増えてしまうことになります。リボ払いは便利ではありますが、仕組みを知らないで、多く利用しすぎてしまうと、自分の返済能力以上に使いすぎてしまうことがあります。
対策としては、リボ払いを多用せずに、一括で支払える範囲内にするか、分割払いにして、最初に金利分や手数料を支払い、翌月以降に利息がかからないようにするのもおすすめです。カードローンやクレジットカードのサイトでは、シミュレーション機能が付けられている所もありますので、リボ払いをする時に積極的に利用して、どのくらいかかるか把握するといいでしょう。リボ払い専用カードの場合は、リボ払いの設定金額を上限まで上げておいて、実質一括払いにしてもいいでしょう。
クレジットカードやカードローンには、手数料無料で随時返済する方法もあります。月々の約定日以外に、任意の日にATMやインターネットバンキング等を利用して支払う方法で、借金の元金部分を減らすメリットもあります。余裕のある時に手続きをすると、支払期間が短縮でき、利息を軽減できるため、最終的な総支払額を抑えることができるでしょう。ただし、約定期間に返済しても、月々の返済は規定の額を支払わなくてはいけませんので、払い忘れのないように気をつけましょう。
また、つい使いすぎてしまうとか、ポイントの獲得率が上がるから利用してしまう方は、金融機関に依頼して利用限度額を減額してもらうことも可能です。会員専用サイトが設けられている場合には、ログインして専用メニューから限度額を減額することもできますし、サイトからできない場合は、券面の裏に記載されているコールセンターに依頼することも可能です。
特にクレジットカードのキャッシング枠については、使いすぎてしまう方は要注意となります。クレジットカードのキャッシングは、基本的に一括払いでの返済となります。また、ゴールドカード以上のクラスでない場合は、ショッピング限度額の中に設定されていることと、収入証明書の提出が必要となるから、貸し付けできる金額が50万円以内に抑えられていることが多く、金利が高めに設定されていることがほとんどでしょう。特に、10万円未満のキャッシング枠の場合は、利息制限法による上限金利が少し高めになりますので、20%に近い金利になっていることも考えられます。消費者金融では大差ないかもしれませんが、銀行のカードローンに比べるとかなり利率が高めに設定されていますので、むやみにキャッシングをすると、利息が多く付くことがあります。特に一括で支払えない場合は、分割払いにできず、後からリボ払いを選択することになりますので、ショッピング利用よりもかなり高額になる場合もあります。できれば、キャッシング枠は付けないようにして、利率の低いカードローンを選ぶかした方がいいかもしれません。
借金が減らない人は、給料日には景気よく使ったりせずに、強制的に積み立て預金をしたり、財形貯蓄をした方がいいでしょう。早く返済する方が近道かもしれませんが、千円でもいいので、少しずつ貯めておいて、一定の期間が経ってからまとめて返済に利用する使い方をしても、いいと思われます。また、貯金箱を用意しておいて、1日の終わりに財布の中にある小銭を入れておくようにするのもいいかもしれません。できればすぐにふたが開けられないものを選ぶといいでしょうし、目標金額まで貯められる貯金箱を利用すれば、毎日の励みにもなるでしょう。