借金と向き合う

MENU

借金と向き合う

世の中には借金を抱えている人は大勢います。それ自体は全く珍しいことではありません。むしろ、それを抱えていない人。あるいは一度も抱えたことの無い人のほうが少数派だと言っても過言ではないでしょう。ただし、その具体的な負債金額は人によって大きな差があるでしょうし、負債を抱えてしまった理由も人それそれ様々でしょう。
しかし、理由の如何を問わずに借金を一度抱えてしまったからには、それと正面から向き合ってゆかなければなりません。それは即ち、自分で借りたお金は自分で責任を持って最後まで返済しなければならないということです。これが最も大切な心構えであることは間違いありません。
ただし、お金とは借りるのは比較的簡単でも返すのは決して簡単とは言えないものです。その証拠に、借りたお金を返すことができなくなってしまう人は世の中には非常に多いのです。ですから、これからお金を借りようとする人は、こうした厳しい現実ともしっかりと向き合う必要があるでしょう。そして、借りる前にはしっかりと返済計画を立てて、確実に返済できる見通しを立てなければなりません。そんな見通しがあってこそ、借りることができるとも言えるのです。ですから、もしも返せる見通しが無いのなら、絶対に借りてはいけないでしょう。そんなことをしたら、金融事故を起こすことになってしまうだけです。
いずれにしても、実際にお金を借りてしまったとしたなら、その際には覚悟を決めて返済に最善を尽くさなければなりません。順調に返済できるならば、油断せずに完済のその日まで頑張ればいいのです。しかし返済が非常に苦しかったり、あるいは順調に返せないような事態に陥ってしまったとしたら、その時は自力では解決困難な借金問題を抱えてしまったことを自覚しましょう。そして、弁護士や司法書士などの法律の専門家に相談するなどして、何とかして解決することができる方法を模索すべきです。それが問題解決で最も大切なポイントです。
とにかく自力では返せないお金ですので、自分一人で問題を抱え込んで悩んでいても埒があきません。その悩みで一人で苦しんでいても、時間が無駄に過ぎてゆくばかりで却って問題が大きくなってしまうことになるでしょう。ですから弁護士や司法書士などへの相談は、一日も早くするに越したことはありません。幸いなことに、借金問題解決に強い弁護士事務所などは、インターネットなどで探すだけでも比較的簡単に見つかります。しかも多くの事務所では最初に無料相談をしてくれますので、取り急ぎ、自分の問題を全て話して率直に相談しましょう。そうすれば、きっと解決の道筋も見えてくるはずです。
何しろ弁護士や司法書士は専門家であり、その道のプロフェッショナルなのです。ですから困難な問題であったとしても、きっと最善の解決方法を提示してくれるはずです。たとえば債務整理をするにしても、それには任意整理や過払い金請求、特定調停に個人再生、それに自己破産などの手続きの種類がありますが、自分の問題解決のためにはどれが最適なのかは、彼らなら間違いなく自分以上に正しく判断できるのです。それゆえに自力で解決できない問題は、是非とも専門家に相談すべきなのです。確かに弁護士や司法書士というと、何となく敷居の高さを感じることもあるかもしれません。しかし、そんな専門家としっかり向き合うことこそが、自分では返済できない借金と向き合うということなのです。ですからそれを肝に銘じて、気をしっかり持って相談しましょう。
ただし勘違いしてはならないことがあります。それは、自分の抱えている問題を弁護士や司法書士に相談するということは、決して問題を彼らに丸投げすることではないという点です。そうではなくて彼らに力になってもらい、それによって何とかして問題を解決するということです。即ち問題を解決するのは、あくまでも自分自身なのだということです。そのことは絶対に忘れてはいけません。
それから実際に債務整理手続きを実行に移す時は、これで絶対に問題を解決して失敗から立ち直るのだと決意することも重要です。債務整理とはお金の失敗から立ち直るための手段でもあるのですから、全ての問題を解決して、そして二度と同じ失敗を繰り返さないようにするのです。そうなってこそ、立ち直ったということになるのです。ですから債務整理手続きとは、自分が立ち直ることを目指して頑張るものなのです。
この「絶対に立ち直る」という決意が足りないと、最悪の場合、せっかく債務整理で問題を解決しても、また同じようなお金の失敗をしでかしてしまうことになるのです。実際、自己破産をして全ての問題を解決したような人でも、再びお金の問題を起こして自己破産してしまうこともあるのです。せっかく自己破産によって人生の新しい出発の機会を得たのに、それを無駄にしてしまうなど非常にもったいない話です。そんな残念なことにならないようにするためにも、借金とは正しく向き合わなければならないのです。