借金生活から抜け出す方法

MENU

借金生活から抜け出す方法

いつの間にか借金が膨らんでしまい、どうしても返済をすることができなくなったという場合には、あなたならどうしますか?新たにどこかからお金を借りてきて返済に充てますか?どこかに逃げるという方もいらっしゃるかもしれません。このような借金生活から抜け出すにはさまざまな方法がありますが、最も大切なことは、やはり根本的な解決をするということです。根本的に問題を解決させるためには、法律のプロに相談をして法的手段での解決が一番です。いわゆる「債務整理」の手続きを行うわけですが、そもそも「債務整理」とはどのような手続きなのでしょうか。「債務整理」には、さまざまな方法があり、一般的によく知られている方法は、すべての手持ちの財産を処分して返済に充てる「自己破産」ではないでしょうか。「自己破産」とは、支払時期が来ても、継続して借金を返済することができない状態に至ったことを裁判所に認めてもらうことで、法律上、支払義務を免れることができる救済制度です。「自己破産」の申し立てをすると、20万円を超える財産(現金の場合には99万円まで)は、原則としてすべて処分されてしまい、積立型の生命保険や学資保険なども、解約をしたら払戻金額が20万円以上になる場合には、解約を支持される場合があります。また、信用情報機関に自己破産をした事実がされますので、5〜7年程度は新たなカードを作ったり、ローンなどを利用することができなくなります。とはいえ、自己破産をした事実が、戸籍や住民票などに記載されることはありませんし,選挙権もそのまま与えられます。弁護士や税理士などの士業や宅地建物取引士、生命保険の募集人、旅行業務取扱管理者、警備員などの場合には、破産の手続の期間中に限って資格が制限されますが、破産手続き完了後には、就職が制限されることもありません。メリットとしては、弁護士の介入によって、返済や取り立てが停止されますので、精神的な負担がなくなることや、貸金業者から自宅や会社に連絡がくることがなくなります。毎月、お金を返済することばかりに追われていた生活を立て直して、毎月の収入をすべて自分のために使うことができるようになります。また、債務整理には、「自己破産」のほかにも、取引きを開始した時点まで遡り、利息制限法の上限金利である15〜20%までに金利を引き下げて再計算したり、金利をカットすることで借入総額を大幅に減らし、元本のみを3年の間に分割で返済をする「任意整理」や、戸建てやマンションなどの住宅の財産はそのままで、大幅に減額された借金を原則として3年間掛けて返済していく「民事再生」などの手続きを行うことも可能です。また、これまでに払いすぎていた利息を貸金業者に返還請求を行う「過払い金返還請求」など、法的な解決方法はたくさんあります。「債務整理」の手続きは、債務者自らが手続きや申請を行うことも可能ですが、一般的には弁護士事務所に依頼をして代理で手続きをしてもらいます。もちろん、依頼するための費用は発生しますが、手続きを進めていくうえで、さまざまな法律の知識が必要になりますので、自分で行うことには限界があります。とくに、過払い金の返還請求の場合には、返還を拒む貸金業者と粘り強く交渉を続けていかねばなりませんので、とても素人では太刀打ちをすることはできないでしょう。事実、素人が返還請求を行っても、満額返金されることはなく、ほとんどの場合が僅かなお金だけを返金されて、泣き寝入りをせざるを得なくなるのが、現状のようです。やはり法律の専門家である弁護士に依頼を行い、ご自身は生活を立て直すことに集中して、時間を有効に使うことの方が賢明です。もちろん、「債務整理」の手続きをしたからと言って、新たに借金をしてしまっては意味がありません。あくまで、根本的な解決とは、あなた自身のなかにあります。債務整理の手続きをしたら、その後には、絶対に新たな借金を作らないこと、クレジットカードを破棄すること、生活そのものの態度を改めることなどが大切です。また、僅かずつでも貯金をしていく習慣をつけていき、お金に対する正しい感覚を養うことが大切です。浪費癖などがある場合には、我慢をすることを覚え、「お金はいつでも使える」と思い、お金に対して適度な距離を保つようにしましょう。達成可能な小さな目標を掲げることも大切です。例えば、「今週は余計なお金を使わない」とか、「今月は1,000円貯金する」など、些細なことで構いません。努力をしてそれが達成できれば、満足感を得ることができるようになりますし、そのような生活を繰り返していくうちに、「この商品(あるいはサービス)に、この金額を支払うだけの価値があるのか」と考えることができるようになります。お金を使うことを無理に我慢したりするのではなく、お金に対する自分自身の感覚を変えていくことが、最も重要です。