減らない借金、収支の見直し方法

MENU

減らない借金、収支の見直し方法

借金というものは、借りる時も多少の大変さを感じることはあるかもしれませんが問題は「返済が始まってから」にあります。例えば、現状の一般的な消費者金融系カードローンを利用した場合、50万円程度の借入れであれば金利は18.0%近くに設定されることが多くなります。ものによっては17.0%に近い場合もありますが、いずれにしても非常に高い設定金利で契約することがほとんどの状況です。

 

50万円を金利18%で借りた場合、年間に生じる利息は約9万円となります。この9万円という金額は、「元金が全く変動しなかった場合」に発生する利息額である為、実際にはそれ以下の利息額で済むことがほとんどです。毎月多少なりと元金を減らしていくことが出来れば、数十円、数百円であっても翌月に発生する利息は少なくなっていきます。それを積み重ねていくことで発生する利息がどんどん少なくなっていくわけですから、「効率よく返済する為には元金を減らすこと」が重要なポイントになってきます。

 

カードローンを利用していると、「毎月これだけは最低でも返済してください」という制限が決められます。最低返済金額の算出方法は各社ごとに違い、最低返済金額が高いところもあれば低いところもあります。最低返済金額が低ければそれだけ毎月の負担を軽くすることが出来ると感じるかもしれませんが、最終的な負担は逆に大きくなってしまうということも覚えておく必要があります。

 

例えば、10万円の借金を10%の金利で利用したとして、これを1万円ずつ返済していけば約1年で完済することが出来ます。仮に返済総額を12万円とした場合、約2万円ほどの利息を支払ったことになり、これが余分に生じた負担と言うことが分かります。ところが、毎月2万円ずつ返済した場合には6か月の返済期間で完済することが出来ます。単純に2倍の返済金額を入金しているので期間が半分になることは容易に想像できるでしょうが、この時に生じる利息額は半分以下になる可能性が高くなります。

 

また、5万円ずつ2回の返済で完済するのであれば、利息はわずか数百円で済むことになるので負担はさらに軽くなります。中には「無利息期間」を設けているカードローンもあり、それを利用することでも支払う利息を減らすことが出来ます。

 

「借金が減らない」と感じている人の多くは、返済の大変さから十分な入金が出来ていない場合がほとんどです。もちろん残高が大きくて中々減っていかないという状況もあり得ますが、数千万円の借入れをしているような状況でもない限りは数年である程度の形になることがほとんどです。

 

にも拘らず形にならないということは、単純に毎月の返済金額が少なすぎるのか、もしくは返済・借入れを頻繁に繰り返していることが大きな要因だと推測することが出来ます。せっかく大きな金額を返済したとしても、その結果出来た融資枠をすぐに借り入れしてしまったのでは結果は変わりません。返済した分よりは少ない金額にはなりますが、再び借り入れをすれば翌月以降の返済利息はほとんど変わらない状況になる為、返済をすれども残高が減っていかないような感覚を覚えることが多くなります。

 

同様に、単純に返済金額が少なすぎる場合は、返済金額のほとんどが利息分で相殺されてしまうため元金に充当されづらい状態になります。例えば5000円の返済をしたとしても、その内4000円が利息分で相殺されてしまうような状況であれば元金はわずか1000円しか減らない状態です。

 

毎月1000円ずつ元金を減らしていくとして、元金総額が1万円ならばすぐに完済できるかもしれませんが、総額が50万円であれば単純計算で500回の返済回数が必要になります。年数に換算すれば約40年以上となってしまう訳ですから、「いつになっても借金が減らない」という感覚を抱いても不思議ではないでしょう。

 

現実的に言って、返済期間がそれほど長期になるような状況は起こり得ないようになっています。各社が設定している最小返済金額は、そのまま進行していけば10年程度で完済することが出来る様に設定されているため、長くともその期間で完済にこぎつけることが出来ます。しかし、返済と借り入れを繰り返している場合はその限りではなく、それこそ50年経っても完済にたどり着くことが出来ない可能性すらあり得ます。

 

そのような状況に陥っている場合、まず大切なことは「自身が持ちうる返済能力を正確に把握する」ということが大切です。収入は容易に把握することが出来ますが、支出に関してはしっかりと計算・管理をしないことには把握しえません。しかし、これをすることによって「どこにどれだけの支出をしているのか」を把握することが出来、その中にある無駄な支出を洗い出すことに繋がります。

 

無駄な支出を減らすことで返済に充てられる金額が増え、その結果毎月の返済金額が大きくなれば徐々に債務は減っていくようになります。最初の内は大変に感じることも多いでしょうが、我慢してその状況を継続していけば「ある段階から加速度的に残高が減るようになる」ので、少なくともそこまで頑張りましょう。