債務整理で相手方との交渉はどうやるの?

MENU

債務整理で相手方との交渉はどうやるの?

借金の清算をするのが債務整理になります。様々な方法がありますが、その中でも一番利用されている方法が任意整理という方法があります。任意整理とは通常弁護士や司法書士などの専門家が相手との交渉を行いますが、自分自身で交渉する事が出来ます。自分自身で交渉する際の大きなポイントですが、最初に弁護士も無料法律相談を受ける事がポイントとなります。金融機関としては自分自身のみで交渉する事もできますが、金利などに関する知識は債務者よりも金融機関が遥かに多いです。そのためはじめから自分自身のみで交渉しても金融機関はかなり強気に出てきます。しかし法律の清算である弁護士に相談した事を伝えると、金融機関としては一筋縄ではいかない可能性や、自己破産をして全ての債務を無くされる可能性を考えます。金融機関としては金利手数料を削減されるのは仕方ないとしても自己破産だけは避けたい場合がほとんどです。そのため金利を引き下げた和解契約を考えるようになります。しかし和解契約をするには条件がある場合がほとんどです。その中でも安定した収入があるかどうかが問われます。万が一安定した収入がない場合には金融機関は裁判所に提訴して強制執行の手続きをとります。それを回避するには弁護士を依頼して、自己破産をするしか方法がありません。そのため和解契約をクレジットカード会社や消費者金融と結ぶ前には働いておく事が必須となります。
次に金融機関に対して自分の全ての債務を伝え、月々の支払額を出来るだけ正確に伝えます。いくつものクレジットカード会社や消費者金融から債務がある場合には月々の支払額を出来るだけ正確に伝える必要があります。仮にクレジットカード会社債務を嘘をついた場合には、信用情報登録機関に全ての信用情報が記載されているので、嘘をついている場合には金融機関のカスタマーサービスセンターはかなり信用できない人と判断します。仮にそうなったらクレジットカード会社や消費者金融は安定した収入がない場合と同様に裁判所に強制執行というかなり厳しい処置を取るので、出来るだけ正確な債務を伝える事が必須となります。また家族構成や保育園に行っているかや、私立の学校に行っている子どもがいる場合には学費などがいくらいるのかを正確に伝えます。
支出だけでなく収入も伝えていきます。定期的な給与だけでなく、ボーナスや副業なども正確に伝える必要があります。クレジットカード会社や消費者金融は収入と支出からいくら支払う事ができるのかを算出していきます。債務者に支払い希望額があれば、その希望も聞きながら月々の支払い額を再度計算し直して提案します。お互いに納得したら通常の場合だと消費者金融やクレジットカード会社が作成した和解契約の書類に署名捺印と割印をします。自分自身で交渉した場合には全てこのような作業を行う必要があります。何れにしても債務者はクレジットカード会社や消費者金融に対してかなりの金銭的な面で迷惑をかけてしまうことになるので、クレジットカード会社や消費者金融などに申し訳ないという気持ちを持ち続ける事が大切になります。
弁護士に任意整理を依頼した場合にはこれらの作業を弁護士が行います。また和解契約書も弁護士が作成する場合があり、弁護士と消費者金融やクレジットカード会社との交渉によっては金利手数料が全くなくなる場合もありますが、その場合には金融機関に支払う金利手数料ではなく、弁護士に支払うお金が発生します。
和解契約をした際には普段のクレジットカードや消費者金融の支払い以上に支払いに注意しておく必要があります。通常の支払いでも場合によっては強制執行といった厳しい処置が行われる場合がありますが、2?3ヶ月遅延しないと強制執行にはなりません。しかし和解契約をしている場合には一回遅れたら消費者金融やクレジットカード会社はすぐに強制執行となる場合があります。そのため通常の支払い以上に支払いには注意しておく必要があります。
繰上げ返済を行う場合にも注意しておく必要があります。繰上げ返済をした際に病気や車の故障などで多額のお金が必要となった場合、通常の契約であれば消費者金融のキャッシングや銀行の通常のカードローンを利用してその場を乗り切る事もできますが、和解契約をしている場合信用情報登録機関にその事実が記載されているので、クレジットカード会社のキャッシングや銀行カードローンなどで乗り切る事は不可能です。そのため和解契約をしている場合は常に現金を貯蓄しておく必要があります。
普段以上にクレジットカード会社や消費者金融から電話やメールが入ってきます。電話やメールが入ってきた場合には必ず対応する必要があります。万が一電話やメールに対応しない場合には支払う意思がないとクレジットカード会社や消費者金融は判断して裁判所に強制執行の手続きを取るので、注意が必要になります。