最低限知っておきたい任意請求の特徴と方法

MENU

最低限知っておきたい任意請求の特徴と方法

借金をすると、借りた元金に利息を上乗せして返済することになります。日本では利息制限法という規定が定められており、10万円までは20%、10万円から100万円までは18%、100万円以上は15%が上限となっています。それ以上の金額を徴収するのは違法です。違法な金利というのは支払う義務がなく、もしすでに払っている場合は「過払い金請求」をして取り返すことができます。これは、債務者からの任意請求であり、金融業者のほうが気づいて自動的に返済してくれるということはありません。すなわち、債務者が何も行動を起こさなければ、過払い金は未払いのままで時効を迎えることになります。
では、どうやって任意請求を行うかですが、まずは取引履歴の開示を金融業者に依頼します。借金をしている人の中には、請求書が届くと、特に考えることなく提示された金額を返済しているという人も少なくないでしょう。しかし、その金利がそもそも間違っていることがあります。そのため、履歴を取り寄せて、過去にさかのぼって隅々まで確認する必要があります。
ただし、この開示に素直に応じてくれない貸金業者もあります。弁護士などからの依頼であればすぐに応じる貸し金業者も、個人の場合は足元をみられることがあります。過払い金を請求されると、その会社に少なからず負担がかかるために、出し渋るということは少なくありません。そういう場合には、「行政指導を依頼する」という通知を出すという方法があります。そうすると、ほとんどの貸金業者が開示に応じるはずです。
取引履歴を手に入れたら、利息制限法に基づいて引き直し計算をします。これは、専門家に依頼することもできますし、ネットでのツールを利用して自分で行うことも可能です。その引き直し計算によって、過払い金の有無が発見できれば、金融業者に対して返還請求をします。これは、書面にして郵送するのが一般的です。電話で交渉に応じるところもありますが、後々の証拠のためにも、内容確認の郵送にしておくのが安心です。
しかし、請求をしたところで、すんなりと過払い金の全額を返還してもらえることはまずありません。貸し金業者によっては「5割程度でどうか?」と、交渉してくることがあります。それで債務者が納得するのではあれば、和解成立です。しかし、絶対に全額請求を望む場合は、裁判に持ち込むことになります。少々時間がかかりますが、裁判をすることになれば、過払い金の全額を返還してもらえることもあります。
また、過払い金がなかった場合でも、任意整理をする意思を伝えれば、貸金業者と交渉することができます。たとえば、過去と未来の利息分の免除のほか、滞納によって膨れ上がった延滞遅延損害料金をなしにしてもらうなどです。「そんなうまい話がない」と思うかもしれませんが、貸金業者のほうも、債務者が自己破産してしまうことを何よりも恐れています。自己破産されてしまうと貸し倒しになるため、それを避けるために和解に応じてくれることがあります。
さらに、借金の額が非常に大きい場合には、利息分ではなく、借金そのものを減らすという請求をすることもできます。これは「個人再生」という方法で、最大5分の1まで借金を減らすことが可能です。この場合、自己破産と異なり、自宅や自家用車といった資産を手放すことなく、大幅に借金が減らせるのが魅力です。仕事をしており収入があることが前提ですが、月々の返済額が大幅に減るので生活を立て直せることもあるでしょう。
なお、任意請求というのは個人も行うことができますが、書類を揃えねばならないのが少々やっかいです。法的な知識も必要にもなります。さらに、個人再生の場合は、裁判所が介入しますので弁護士に依頼する必要があります。ですので、任意請求に長けた法律家に任せるのが安心でしょう。
日々厳しい取り立てに追われていると、ほかのことを考える余裕がなくなることもあるものです。あちこちから借り入れして、多重債務の自転車操業になっていることもあるかもしれません。しかし、返済が滞る事態が続くと、状況は悪化するばかりです。それを避けるためにも、返済が難しいと感じるのであれば、1日も早く法律の専門家に相談することをおすすめします。負債状況を改善する道は必ずみつかりますので、ひとりで悩まないことです。
また、すでにとっくに完済している場合でも、過払い金の請求を行うことは可能です。しかし、過払い金の請求には時効があり、最終取引日から10年間となっています。ですので、「もしかしたら…」と思うのであれば、すぐに確認すしてみるのがよいでしょう。特に、出資法から利息制限法に移行する時期にあたる「グレーゾーン金利」で借りていた場合には、過払い金が発生している可能性が非常に高いですので調べてみることです。もしかすると、思いがけない臨時収入が得られることもあるかもしれません。