債務整理の任意整理と自己破産の違いについて

MENU

債務整理の任意整理と自己破産の違いについて

貸金業者から借入をすると、利息をつけて返済しなければいけません。
返済が滞るようになると、利息はどんどん増えていき、いつの間にか大きな金額になっているということも少なくはありません。
貸金業者の中には、返済が長く滞ると厳しい取立て行為を行う業者もあるので、取立て行為が始まると精神的に追い込まれてしまうこともあり、取立てから逃れるために夜逃げを計画したり、自ら命を絶ってしまう人もいます。

 

借金が返済できず生活に支障が出ている、取立て行為で悩んでいるという方は、借金を減額、またはゼロにすることができる債務整理の手続きを行うことができます。
債務整理は、法律で認められた手続きなので、借金でお悩みの方は、誰でも手続きを行うことができます。

 

債務整理の中に、任意整理と自己破産という手続きがあります。
この2つの手続きは、内容が異なるので、どのような手続きなのか内容をしっかり把握してから手続きを行わなければいけません。
任意整理は、借金の減額を目的に、貸金業者と任意による示談交渉を行う手続きです。
この手続きを行うことで、無理なく支払うことができる返済計画を立てることができるようになります。
ある程度の給与所得がにあるに関わらず、高金利で貸付を受けたため返済することが困難になった方は、任意整理を利用することができます。

 

任意整理は、個人でも手続きを行うことができますが、貸金業者との交渉が必要なので、弁護士や行政書士など専門家に依頼をしたほうがスムーズに手続きを進めることができます。
手続きを弁護士などに依頼をすると、代理として全ての手続きを行ってくれるので、貸金業者と直接交渉することはなく、家族にバレないように手続きを行いたいという方も、家族に知られることなく手続きを行うことができます。
高金利で借入をし、長く返済を続けていた方は、利息を払い過ぎている可能性があるので、過払い金があるときは、請求を行えれば返還をしてもらうこともできるので、返還された金額で借入ゼロになることもあります。

 

自己破産は、裁判所が返済を行う能力がないと判断した場合、返済が免除される手続きです。
任意整理と異なる点は、裁判所を通して手続きを行わなければいけないという点と借入が減額されるのではなく、ゼロになるという点です。
返済が全てなくなるので、新たなスタートを切ることができる自己破産のほうが良いのではないかと思う方もいるようですが、その分デメリットがあるということも理解しておかなければいけません。

 

自己破産の手続きを行うと、財産が処分されます。
財産と一言で言ってもいろいろなものがありますが、現金や預貯金、不動産、車、保険の解約返戻金などは、全て処分されると思っておいたほうがよいでしょう。
ただし、99万円以下の現金と差し押え禁止財産は処分されないので、日常生活は問題なく送ることができます。

 

連帯保証人がいる契約を自己破産したときは、借入の返済は、連帯保証人に引き継がれます。
連帯保証人になった人に迷惑をかけてしまうことになるので、連帯保証人がいる契約のときは、自己破産ではなく他の債務整理の手続きを行う方も少なくはないようですが、債務整理で返済額を減額してもどうしても返済することが難しいというときは、連帯保証人に相談をして一緒に自己破産の手続きを行うこともあります。

 

また、管報という国の機関紙に名前や住所が記載される、信用情報機関に自己破産をした記録が残るので、クレジットカードの作成、ローンやキャッシングの利用が難しくなります。
通常は5年から7年ほど記録が抹消されるので、クレジットカードやローンなどある程度の期間が経てば利用することができるようになります。
任意整理も手続きを行うと、一定期間クレジットカードやローンを利用することができなくなります。

 

自己破産は、さまざまなデメリットがありますが、返済をゼロにすることができるので、仕事がなく収入を得ることができないという方は、自己破産を選んだほうがよいでしょう。

 

任意整理、自己破産ともに、手続きを開始すると貸金業者は取立て行為を止めなければいけないので、手続きの始まりともに厳しい取立て行為からは解放されます。
自己破産の手続きも、個人で行うことができますが、法律の知識が必要になったり、手続きがスムーズにいかず、時間がかかってしまうことがあるので、弁護士や司法書士など専門家に依頼をしたほうがよいでしょう。

 

依頼をすると任意整理は、貸金業者の対応にもよりますが、およそ3ヶ月から半年ほどで手続きが完了することが多いです。
貸金業者がなかなか話し合いに応じない場合でも1年ほどで和解が成立することがほとんどです。
自己破産も早ければ3ヶ月程度、平均して半年ほどで手続きが完了することが多いです。
弁護士などに依頼をせず、個人で手続きを行うと手続きが完了するまでに長い時間がかかることも少なくはありません。