闇金の返済ができないときは

MENU

闇金の返済ができないときは

闇金からの借入れを返済出来なくなってしまった場合の対応方法ですが、これは大きく分けて2つのパターンがあります。1つ目の方法は「状況を改善して返済を目指す」というもので、もう1つの方法は「合法的に債務を消滅させる」と言うものです。いずれの方法も自由に選択することが出来ますが、自身の状況によって適切な方法を選択していくことが大切です。間違った選択は状況を悪化させる原因にもなってしまうので、十分に時間を掛けてしっかりと判断していくようにしましょう。

 

まずは1つ目のパターンである「返済を目指す場合」についてですが、この場合は「とにかく収支状況を徹底的に改善していく」と言うことが重要です。闇金からの借金は、兎にも角にも「高金利」に設定されていることが少なくありません。一応、近年では高金利では無く別の方法で違法な収益を上げている闇金業者も少なくありませんが、暴利に設定されている場合は特に収支状況の把握・改善が重要になってきます。

 

例えば、現在の金利上限は20%ですが、これを0.1%でも超えた金利を設定している貸金業者は全て闇金だと評価して問題ありません。たった0.1%かもしれませんが、本来支払う必要のないお金を支払うことは絶対に避けなければいけないポイントでもあるので、まずは闇金業者に対して「金利の引き下げ請求」をしてみましょう。

 

と言っても、これが難無く成功する可能性は高くはありません。しかし、これによって一定のけん制効果が期待できるほか、その後の返済プランを相談する際の強力な武器にもなります。しっかりと返済をしていく状況を整える為には、自身の収支状況についての理解が大きな意味を持つことが分かるでしょう。

 

自身の収支状況の把握は、必ず「実際の数字」を使って行います。「毎月の給料が大体20万円で、支出が15万円位だから5万円の余裕がある」と言うアバウトな計算では無く、出来る限り1円単位まで正確な金額を把握することが重要です。

 

もしもアバウトな計算では足りると思っていた状況だったとしても、最終的に1円足りずに法外な遅延損害金を請求されてしまっては元も子もありません。現実的には1円程度であれば難無く解決できる問題かも知れませんが、これが1万円であったならば解決できないことも多くなります。

 

また、その際に「自身の支出の状況をしっかりと棚卸しする」と言うこともしておくと効果的です。家賃や水光熱費・食費などは必須の支出ではあるのですが、家賃の様に金額が固定されているものもあれば水光熱費や食費と言った部分は、ある程度ならば自身でコントロールすることが出来ます。

 

毎月1万円程度かかっていた電気代を5000円にすると言うのは簡単ではありませんが、数百円程度ならばそれほど大きな負担を追わなくとも節約することが出来ます。徹底的に管理していけば、総額で数万円の節約につながることもあり、それを返済に回すことが出来れば大きく前進出来る可能性が出てきます。

 

そもそもが自分の返済能力を超えている借金をしているのであれば意味は薄まってしまいますが、それ以外の状況ではこうした努力をすることで返済の負担をコントロールしていくことが大切です。

 

もしも「何があっても返済が出来そうにない」と言う状況の場合には、自力で返済を目指すことを諦めて法的な救済措置を講じることも検討しましょう。返済の負担が大きすぎて、通常の生活もままならない状況では健康を害するリスクが非常に高くなってしまいます。その結果、最悪の事態が訪れる可能性を考慮すれば、「少しでも無理だと感じた段階」で何らかの方法に着手することが重要です。

 

闇金からの借金については、法的な返済義務はありません。巧妙な手口でそれと気づかれないような対策を講じていて「気づいていない」と言う状況であれば話は別ですが、明らかに闇金業者であると認識できている場合には法的な手段で簡単に問題を解決することが出来ます。

 

そもそもが返済する必要のないお金である以上、法的に債務を消滅させるのであれば1日でも早く行うことが大切です。しかし、いくら返済の必要性が無いとは言っても「一度も返済しないで法的措置を講じる」と言うのはいけません。返済するつもりもないのにお金を借りる行為は詐欺に当たる可能性が高く、明らかな状況であれば実刑に処せられる可能性は非常に高くなってしまいます。

 

最終的にそうならざるを得なくなってしまったと言う場合であればほぼ問題はありませんが、最初からずるい考えを持っていると自分自身にもリスクが生じることだけはしっかりと覚えておくことが必要です。

 

法的措置を講じるためには、自分自身で裁判所に申し立てをすることも出来ます。直接申し立てを行えばコストの節約につながりますが、より安全性を高めたいのであれば弁護士に依頼した方が賢明です。当然ながらコストはかかりますが、それでも闇金を長期的に利用する状態に比べれば圧倒的に少なく済みます。