キャッシングの返済方法

MENU

キャッシングの返済方法

キャッシングとは、簡単な申し込み手続きと審査に通るだけで手軽にお金を借りることができる多目的ローンの一種です。銀行などのカードローンと並んで、広く一般に普及していて非常に人気が高いローン商品です。しかし、キャッシングを利用して手に入れるお金は借金ですので、それには返済の義務と責任があります。ですから一括返済の場合なら、事前に決められた期日を厳守して元金に利息もプラスして返さなければならないのです。もちろん分割返済やリボルビング返済の時などでも、毎月の返済約定日はしっかりと守らなければなりません。
ですから、もしも約束を破って返すのが遅れてしまうようですと、返済トラブルとなって遅延損害金の支払いが発生してしまいます。そして、それでも返せないとなると最後には金融事故を起こしてしまったという扱いになり、いわゆるブラックリストに名前が載ってしまう状態となります。そうなるとクレジットカードも使えなくなりますし、あらゆるローン商品も利用できなくなってしまいます。そんな状態は健全な社会生活を営む上においては、非常に不便です。ですからキャッシングやカードローンで手軽にお金を借りるとしても、絶対に金融事故だけは起こさないように気を引き締めておくべきです。
そんなキャッシングの主な返済方法ですが、まずは最も利息の支払い負担が小さくてお得な返し方が一括返済です。たとえば借りたら一か月以内に返す翌月一括返済がお馴染みですが、他にも生活費がピンチになった時に数万円借りて次の給料日に一括で返すユーザーも多いものです。とにかく基本的に借りてもすぐ返すこうした方法なら、借り入れ期間も短くて返済も比較的簡単に行えるのでメリットは大きいのです。しかしキャッシング業界を広く見回してみると、経済的な事情などで一括で返せない人は多いのが現実です。
次に利息の支払いが少なくて済むのが、分割による返済方法です。つまり、もしも翌月一括返済のように借金を一回で完済できないなら、二回か三回、あるいはそれ以上の回数に分けて返済するという方法です。この方法もまた、分割する回数が少ないほど利息の負担が小さくなるのでお得な返済と言えます。しかしこの方法もまた、一括返済ほどではないにしても相応の返済能力のある人にしか利用できない返し方だと言えます。こうした分割で返すユーザーも、どちらかと言えば少数派と言えるでしょう。
それではキャッシングの返済の多数派とは何かというと、それは有名なリボルビング返済です。それは省略してリボ払いと呼ばれることが多く、フレックス払いと呼ぶ人もいます。いずれにしても事前に決めた一定の金額だけを毎月少しずつ返してゆく方法ですので、これなら月々の経済的負担は小さく抑えることができます。ですからリボルビング払いなら、生活費に余裕の無い人にとってはメリットは非常に大きいと言えるでしょう。しかしその一方で、毎月少ししか返さないので返済期間は非常に長くなってしまうことが多くなります。それゆえトータルでの利息の支払いも非常に大きくなってしまい、一括や分割で返す時よりもお得感はありません。このデメリットについても、事前にしっかりと理解しておく必要があるでしょう。
ちなみにリボルビング返済には、元利定額リボルビング方式や元金定率リボルビング方式、それに残高スライド元利定額リボルビング方式や残高スライド元金定率リボルビング方式などがあり、素人には非常に分かりにくいものです。しかし実際にキャッシングを利用する場合は、別にそれらの詳細を事前に理解しておかなくても大丈夫です。要は毎月の返済金額と約定日とをしっかりと守って返し続ければいいのです。そのように完済するその日まで安全に確実に返し続ければ、無事故で誰にも迷惑もかけないので何の問題もありません。
いずれにしてもキャッシングの返済とは、トラブルも事故も問題も一つも起こさないことが肝心です。それさえ守れれば、どんな返済方法を選択したとしても大丈夫なのです。ですから実際にキャッシングで借金をする前には、無理のない十分に余裕のある返済計画を事前に立てておくべきです。そして、その事前の計画を守って粛々と返し続けるのです。その際、もしも計画に十分な余裕がないと、少し予期しない出費がかさんだだけでも返済が苦しくなってしまいますので要注意です。余裕というものは、とにかく多ければ多いほど安心できるので良いのです。その点は忘れないようにしましょう。
また、逆に予想外の出費が何もなくて生活に余裕が出てきた場合なら、積極的に繰り上げ返済を活用すべきでしょう。たとえ基本的にはリボルビング返済で毎月少しずつ返しているとしても、多くのキャッシング会社では繰り上げ返済を認めています。それを活用すれば、その分、確実に借り入れ日数を短縮することができますので、利息の支払い負担も減ってくれるのでお得になるのです。