借金完済後、借金生活に戻らないために

MENU

借金完済後、借金生活に戻らないために

消費者金融等でお金を借りる場合、金融機関での融資条件に該当しない人でも、審査がスピーディーで生活やビジネスに役立つ融資が受けられることで重宝されています。
消費者金融等の貸金業者で融資を受ける場合、もっとも重要となるのが計画性です。
使用用途への計画性はもちろんのこと、返済の計画もしっかりと立てなければいけません。
お金を借りることを借金と言いますが、返済が十分に可能な金額であればそれほど怖いものではありませんが、収入と支出のバランスが崩れるとたちまち返済がきつくなり、借金返済は金利を含んで重い負担として我が身に返ってきます。
基本的に最初に設定した返済額は返済完了まで毎月続くため、返済が可能な収入が十分でないと生活が苦しくなるでしょう。
借金苦に陥る人の特徴は収入が少ないことを補うという考え方で消費者金融等の貸金業者から融資を受けるのですが、消費者金融の金利水準は金融機関に比べて非常に高く、ただし、返済の金額や期間が設定でき、審査基準が低いためスピーディーな融資が行われると、ビジネスや生活に便利な一面があります。
個人のお客さんはもちろん、企業経営者も消費者金融を利用しますが、返済は余裕をもった計画を立てておかなくてはいけません。
たとえ返済が完了したとしても、借入基準の低さやスピーディーな融資が可能なことを、借り入れに対するすそ野が低いと勘違いしてはいけません。
スピーディーな融資を可能にしているのは、利用者獲得への企業の狙いであり、金利負担を大きくすることで担保としている側面があります。
金融機関の貸し付け金利は、用途や企業によっても様々ですが、消費者金融の金利は金融機関の3倍から10倍とも言われており、その金利負担を利用者に求める代わりに審査基準を低くし、スピーディーな審査を利用者拡大の手段としています。

 

返済が完了するとそれまで返済の苦労が達成感や安心感に代わることがあります。
しかし、このような考え方は非常に危険です。
人間の脳は、過去の出来事で乗り越えられなかった問題に対して恐怖感や嫌悪感を抱くのですが、苦労ののちに乗り越えた出来事は、それが大きな問題であったとしても自身の実績として考え、達成感や武勇伝となと、まさにその事態を自身の勇気や強さと考えるような錯覚を起こします。
ある意味、その出来事をデータベース化することは良いのですが、現在と過去では様々な条件が異なるため、同じ状況に置かれても、かならずそれがクリアできるとは限りません。
年齢や体力、収入、経済環境など自身を取り巻く環境が大きく違い、以前の借金が返済できたからと言って、次も必ず返済可能とは限りません。
しかし、一度クリアした借金に対して耐性が付くため、前と同じならという安易な考え方で借りてしまう人も多いです。
負担の大きい返済をクリアした人の多くは、借り入れによる利便性を考え、しかしながら返済の負担を少しでも減らすために、消費者金融ごとに異なる金利水準や借り入れに対するメリットを比較し、以前よりも有利な融資となるよう試行錯誤します。
借りたことの苦労がデータベース化されながら、返した功績をもデータベース化し、次には負担が少ない借り入れを考え、返せるという自信を持ってしまうことがあります。
このようにお金を借りることへの考えが甘い人は再び借金生活へと戻ります。
返済は計画的で定期的に求められますが、収入は必ずしも計画的ではないでしょう。
自己破産やその他の債務整理の経験がある人のデータからわかることがあります。
債務整理経験者に、借り入れに対する考え方を聞くと、「最初は安易なつもりであった」、「当初は返済ができると考えていた」など、お金を借りるということに対しての責任の重さを感じないことが多いです。
金融機関は融資条件として担保を押さえ、保証人を付け、時には保険加入を迫ります。
貸付金利は実質年率として低く設定していますが、返済期間が長期となると、金利負担は元金の20%以上となることもあります。
消費者金融の場合、年率が20%の上限金利であるため、返済期間が長期化すればそれ以上の金利を負担していることを考えましょう。
金融機関が融資をする場合、高い基準を設けて貸出先を選んでいます。

返済が難しいと判断すると融資を実行しません。
仮に融資をしても担保や保証人設定を最低条件とします。
一方、消費者金融の融資は担保や保証人設定がない代わりに、融資を受けた本人に金利を高く負担してもらうため、決して審査基準が低いことがメリットではありません。
様々な工夫をして利用者獲得を目論みますが、ポイントや一定期間無金利などの条件は、借りやすくするための営業手段であり、すべて返済する金利に含まれます。

 

再び、返済で苦労をしないためにも、正常なお金のマインドを持つことです。
それには自己資金管理を正しくする必要があるでしょう。
立てた計画に資金が足りなければ、計画そのものの見直しを図り、なるべく借りずに計画を実行することが大切です。