借金完済後の個人情報

MENU

借金完済後の個人情報

ローンやキャッシング、クレジットカードの作成や使用等の個人情報が信用情報機関に保存・管理されていることは、一般的によく知られる事かと思います。
簡単に説明すれば、信用情報とは、お金を借りている人の氏名や連絡先・勤務先の情報、借り入れ状況とその支払い状況や商品名・利用したお店の情報や商品名・支払い方法まで、ありとあらゆる事を事細かに記録されたものであり、それを各金融機関間で共有する事によって、その人にお金を貸せるか貸せないかを判断する為のソースとなる情報のことを指しています。
分かりやすく一言で表現するならば、いわばその人の『お金の履歴書』といえるものです。金融機関が『雇用主』、お金を借りようとしている人が『求職者』、借り入れ審査が『面接』と考えれば、借金をしたことの無い方でも分かりやすいのではないでしょうか。就職するのも借金するのも、相手の信用を得られなければ出来ないという部分も共通するところですね。
ではその、履歴書とも言い換えられる『信用情報』とは、返済後どの位の期間保持・利用されるものだと思いますか?就職のための履歴書ならば、採用の是非が決まったところで返却なり処分なりされるものですが。『お金の履歴書』の場合はどうなんでしょう。
「1年?2年?それとも一生残るの?」不安に思われる方も少なくないでしょう。ですので今回は、知られているようで意外としらない『信用情報の保持ルール』について詳しく説明してみようと思います。
「信用情報がどれだけの期間残るのか?」結論で言えば「最長5年間」となります。延滞や解約の有無に関わらず、返済が終了している場合は一律「最長5年間」の期間は信用情報が残る事になります。これは自力返済でも任意整理による返済でもどちらも同じであり、返済方法がどのようなものであったかということは全く関係なく、信用情報機関は5年間以上情報を保持し続ける事は出来ないことになっています。
信用情報機関とよばれるものは全部で3つの機関があり、それぞれ別の信用機関として個別に信用情報を所持するとともに、他の信用情報機関にもその情報を開示し、共有をしています。ですが、保持ルールは基本的に同じであり、『最長5年間』というルールは、期間が短くなる事はあれど5年以上になる事はまずありません。
しかしここで注意すべき点が一つ。それは、情報保持期間の起点が『返済後』ではなく『解約後』であるという点です。つまり返済を完了したとしても、その契約を解約するまでは一生、信用情報機関に個人情報が残っているということなのです。これを知らない・勘違いされている利用者も多いようです。
この借り入れ契約は『包括契約』と呼ばれるもので、限度額までなら何度でも繰り返し借り入れ・返済が自由に行える、ほとんどのキャッシング契約に於いて適用されている契約方法です。
『包括契約』の場合、基本的に自分で解約手続きを行わなければ自動的に契約が継続されるため、自分の信用情報を消したいと思うならば最長で5年前までに契約解除手続きを行い、情報が消えるのを待たなければならないということになります。
とはいえ解約するのは簡単で、インターネット上の手続きだけで完了するものや、もっと簡単なものになると電話一本で出来てしまうものもあります。これは契約するときも同じですね。
中には書類や身分証明書の送付を何度かしなければならないような面倒なのもありますが、それはそれでセキュリティー上の問題などもあるため仕方ないことではありますが。
なんにせよ、自分の信用情報が残るのを心配するのであれば、自分が契約している借り入れサービスが『個別契約』なのか『包括契約』なのかをきちんと把握しておくことも必要なのです。勿論契約前に知っている方が良いですが、現在自分の契約している借り入れ契約がどちらにあたるのか分からない場合は、一度調べておくのも良いのではないでしょうか。
因みに解約時、返済をもっての解約ではなく『自己破産』によるものだった場合のみ、信用情報の残留が『最長10年間』となることも覚えておいて損はないと思います。
以上、借金返済後に信用情報が残る期間について説明した訳ですが、実は信用情報というものは申込みの時点で記録されてしまうものです。『契約時』ではなく『申込み時』です。
つまりお金を借りた時点から情報の記録が始まる訳ではなく、借りようとした時点で既に記録されていると言うことです。しかもこの情報も『最長5年間』のルールが適用されてしまうので、借り入れを考える場合は後悔しないように、情報を整理してよく考えてから申し込みをしなければなりません。

申し込みだけでも記録されるほど厳密で複雑なものなので、あまり信用情報の有無に拘りすぎるよりも、支払能力を超える借り入れによる延滞・強制解約や自己破産によって、信用情報に『傷』が付かないように努めることの方が懸命です。完済すれば消えるものとはいえ、5年間は結構長いですから。
正に「ご利用は計画的に」ですね。