借金と離婚

MENU

借金と離婚

結婚生活をする時は共同で資産を管理し、借金などもある程度は共有する関係になります。
そのため結婚をしてその後離婚をした場合は、借り入れの問題について対応をしなければいけません。
このような問題でまず考えられるのは、借金が離婚の理由になるのかということです。
金融機関からの借入が離婚の原因になるのかというと、場合によっては認められることがあります。
基本的に離婚は互いが納得をすれば行うことができるので、金融機関からの借入が原因でも手続きは可能です。
しかし借入だけで確実に離婚ができるかどうかはわからないため、対応をどうするか考えておく必要があります。
離婚をする時は互いに話し合って対応をする場合や、第三者との協議を元に結論を出す方法が存在しています。
そういう場合は互いが納得をすれば結論を出せるので、金融機関からの借入を理由にすることもできます。
しかし裁判所を利用した離婚の場合は条件が厳しく、借入だけを理由に離婚ができないこともあります。
裁判所を利用した離婚は法的に認められる条件でのみしか使えないため、そうでない理由の場合は上手く行かないことも多いです。
そのため金融機関からの借入だけではなく、その借入によって起こった夫婦の破綻についても説明が必要です。
そういう形でうまく説明をすることができれば離婚は可能ですが、そうでないと上手く行かないこともあります。
そして離婚をする時の借金の問題はもう一つあって、それは離婚をした後で借入を誰が負担するかということです。
夫婦は互いに資産を共有する関係ですから、離婚をする場合は資産も二人で分けることになります。
その時は現金などの資産や不動産などを分けますけど、実は金融機関からの借入も二人で分けるようになっています。
そのため離婚をすると相手の借金を負担する場合あるので、そのようなことについても理解をしておくことは大事です。

ではどのような形になるのかというと相手がしていた借金のうち、夫婦生活で必要な借入については負担があります。
例えば日常生活で必要だった借入などについては、互いに責任があるので支払い義務が発生します。
しかし相手が裏でやっていたギャンブルの借入については、こちら側には責任がないので支払い義務はありません。
そのためどのような理由で金融機関から借りていたのかが重要になりやすく、その理由が妥当でなければ負担にはなりません。
夫婦が離婚する時に重要になるのは金融機関から借りていたお金が、夫婦生活をする上で重要であったかということです。
夫婦生活をするうえで重要なものについては支払い義務がありますが、そうでないものについては支払い義務がありません。
またこのようなお金は相手に知らせていない場合もありますけど、相手に知らせていなかったときも同じ扱いになります。
相手に知らせていなかった借り入れが夫婦生活で必要なものだった時は、こちら側にも支払義務が発生をします。
その時に知らせていなかった所があるのである程度減額ができることもありますが、支払い義務そのものはなくすことはできません。
そういう所があるので離婚をする場合は借りていたお金が、夫婦生活で必要であったかどうかが重要になります。
このようなお金は法的な制限を受けて支払うこともありますが、互いの交渉でどうするかを決められることもあります。
そのため絶対に支払う必要があるというわけではないのですが、基本的には支払うことになることが多いです。
離婚をする時の手続きでは互いに話し合って、どのような形にするのかを取り決める方法があります。
そういう形でうまくまとまらなかったときは裁判所を利用して、いろいろな手続をして対応をすることになります。
そのような所がありますから最初の段階ならば、法的な拘束力はそれほど強くなく制限はあまり受けません。
しかし裁判所を利用した手続きをした場合は、それに反した場合法的な処罰を受けることになります。

そういう所があるのでこのような問題は手続きをしていくと、いずれ法的な制限を強く受けるものに変わってきます。
ですから夫婦の借り入れの問題は結局対応をすることになりやすいので、このような問題から逃げられるとは考えないほうがいいです。
夫婦が離婚する時の借入の問題に対処する時は、できるだけ誠意をもって対応をする事が重要です。
そうすればいい条件で交渉ができることが多いですし、弁護士に支払う費用なども安くすませることが可能になります。
金融機関から借りていたお金は離婚の原因になりますが、離婚をする時は互いにその負担をする事が多いです。
ただその負担については夫婦で協議をすることになるので、そのような対応については理解をしておいたほうがいいです。
互いに協議をする場合は話し合いですむこともありますけど、裁判所を利用した手続きは法的な拘束力が強いです。
そのため裁判所を利用して手続きをすると、確実に支払い義務が発生するので注意が必要です。