キャッシングとカードローンの違い

MENU

キャッシングとカードローンの違い

「給与日まであと少しだけど、どうしても今日中にお金が必要」という場合には、消費者金融や銀行などの金融機関でキャッシングやカードローンを利用するのがおすすめです。「でも、借金をするのには抵抗がある」と思われる方も多いかもしれませんが、最近は銀行にお金を預けたとしても、1回時間外にコンビニのATMなどを利用しただけで、あっという間に利息が切れてしまうような世の中です。お金を上手に貯めることよりも、いかに上手にお金を借りるかということの方が、ずっと賢明です。ところで、キャッシングとカードローンには、どのような違いがあるのでしょうか。それらの大まかな違いとは、借入限度額や返済方法などの違いがあります。キャッシングの場合には、50万円程度までの比較的小口の融資が主流となっており、返済は翌月一回払いとなっていることが多いようです。しかし、カードローンの場合は、融資限度額が300万円や500万円、あるいは800万円などの大口融資となっている場合が多く、返済方法は回数を分けて分割払いとなっています。最近は、おもにリボ払いでの返済方法が主流で、リボ払いとは、毎月の返済(支払)額が一定となっている返済方法です。毎月の支払額の中身は元本返済額と手数料額の合計となっていますが、利用する会社によっても異なります。リボ払いには、あらかじめ決められている支払残高のランクに応じて、毎月の支払額が増減する「残高スライド方式」と、支払い残高とは関係なく,毎月一定の決まった金額を支払う「定額方式」の2通りがありますが、定額方式の場合には、支払い残高が増えていっても毎月の元本返済額は変わらないものの、支払期間がどんどん伸びてしまいますので、その期間は手数料が必要となります。上手に活用しなければ、ついつい使い過ぎてしまう可能性もありますので、ご自身で商品ごとの管理が必要です。とはいえ、どうしてもお金が必要な時に、すぐにお金を準備することができるというのは、助かりますよね。また、リボ払いにしておくと、当面の生活に支障のない範囲で計画的に返済をすることができるというメリットがあります。また、キャッシングとカードローンとの違いには、借入限度額や返済方法の違いのほかに、金利の違いがあります。キャッシングでお金を借りる方が、若干金利は高めに設定されていることが多く、カードローンは長期間手数料を支払わなければならない代わりに、若干低めの金利で融資をしてもらうことが可能です。つまり、返済がすぐに見込めるという場合には、キャッシングでお金を借りて、若干高金利にはなっても翌月1回で返済をする方がおすすめですし、高額融資を希望していて、返済を分割で行いたいという場合には、カードローンでの借り入れがお得です。「給与日まで、あと数日だけどお金が必要」、「急いで融資をしてほしい」という場合には、キャッシングでの借り入れが便利でしょう。では、キャッシングとカードローンでは、どちらも同じような審査基準となっているのでしょうか。審査基準については、カードローンの方が、比較的審審査が厳しめであるといわれて言います。それは、やはり融資限度額が数百万円単位になりますので、数十万円単位のキャッシングと比較すれば、厳しくなってしまうのは、当たり前ですよね。キャッシングのカードを作るのであれば、審査が柔軟な消費者金融会社での契約する方が、即日審査回答をしてもらえたり、即日融資も可能ですのでおすすめですが、カードローンの場合には、銀行系の方が低い金利で融資をしてもらえる可能性が高いため、銀行系のカードローンの方が人気となっています。とはいえ、キャッシングやカードローンの契約をする場合に、金利や融資限度額などに重きをおくことも大切ですが、返済をする際に、最寄りのATMがあるのか、臨時での返済や一括返済をすることができるのかどうかなどについても調べておく必要があります。意外と借りる時のスペックばかりに目が行ってしまい、返済手数料が必要かどうかなどについて知らなかったということが多々あります。利用する業者によっては、自社のATM以外を利用した場合には、手数料が必要になってくる場合もありますので、そのようなことも事前にチェックをしておく必要があります。このように、キャッシングやカードローンは、ご自身のライフスタイルなどに応じて、賢く選択をしましょう。最近は、キャッシングやカードローンの審査申し込みは、インターネットで24時間365日いつでも自由に審査申し込みをすることができますので、お仕事で忙しいサラリーマンやOL、自営業者の方でも、わざわざ店舗まで出向く必要がありません。審査申し込みが完了すれば、契約手続きに進み、早ければ当日中に振り込みやカードなどで融資をしてもらうことができます。すぐにお金が必要ない場合でも、1枚作っておけばいざという時には頼りになるでしょう。