キャッシングとは?

MENU

キャッシングとは?

キャッシングとはATMなどからお金を引き出して借金をすることです。銀行や消費者金融のカードローンと契約したり、クレジットカードにキャッシング機能を付帯することで利用できます。一般的に保証人や担保は必要なく、フリーローンであるためお金の用途にも制限がないため利便性が高く、手軽に利用できます。ただし、借りたお金は当然返さなければならないため、契約するには審査があり、返済能力が十分でないなど信用を得られなければ落ちてしまうこともあります。また、フリーローンはお金を貸す側からは、利用者が計画的ではない利用をして返済できなくなる危険性の高いローンであるため、用途に制限のある目的ローンと比べると金利は高くなります。
キャッシングで借りられる金額は利用者の信用によって決まりますが、これは収入が高いだけで得られるものではありません。収入が高くても高価な買い物ばかりして支出が大きくなれば返済できなくなることがあるため、実際に借り入れを行って返済を重ねてきた実績が必要になります。新規契約の際はこの実績がないため、高い限度額を希望すると審査に落とされたり、減額して契約することになります。
キャッシングを利用するときに重要な要素になる金利ですが、表示されている金利には上限と下限があり、この2つには10%以上の差があることも少なくありません。これは下限を見て利息が少ないと思ってしまうと、想定を大きく上回る利息を取られてしまうので、見方を間違えないようにしましょう。適用される金利も信用によって決まりますが、独立して決められるものではなく、限度額によって設定されます。新規契約では限度額が低くなるため金利はほぼ上限が設定され、利用を続けて限度額を引き上げることで金利を下げられます。
この金利はどの金融機関を利用するかによっても差異があります。消費者金融やクレジットカードで借り入れを行う場合、審査には通りやすくなっていますが、返済できなくなる危険性も高くなるため、金融機関は高い金利にすることで損失を補えるようにしています。銀行は審査が厳しくなりますが、これにより返済できなくなる危険性を下げられるため、低い金利で貸せるようになっています。そのため、金利で考えれば銀行を利用するのが良いのですが、審査に落ちてしまうと借りることができないので、銀行の利用が難しい場合は消費者金融やクレジットカードを利用します。
消費者金融とクレジットカードでは適用される金利はほとんど同じですが、限度額に差異があります。クレジットカードはショッピングでの利用がメインであり、キャッシング枠はショッピング枠の中に含まれています。買い物の利用が多くなっていると、キャッシング枠が圧迫されます。ランクがノーマルのカードではショッピング枠の上限も低いため、高額の借り入れには適していません。
消費者金融であれば800万円まで借りられるようなものもありますが、ここで考慮しなければならないものに総量規制があります。消費者金融やクレジットカードのキャッシングは貸金業であるため、借り入れ総額が年収の3分の1までと法律で制限されています。これにより、消費者金融で800万円借りるのであれば年収は2400万円以上必要になるため、一般的にはここまで借りるのは難しいです。
銀行のカードローンは貸金業ではないため総量規制の対象外になり、年収の3分の1を超える借り入れができるので、高額の借り入れをする場合は銀行が最も適しています。ただし、法律で制限されていないだけであり、返済の見込みのない借り入れを認めることはないため、銀行の場合でも高額の借入をする場合には高い年収が必要です。
総量規制は高額の借り入れだけでなく、少額の借り入れに対しても影響します。年収の3分の1までであるため、収入がない場合は0になってしまい、借り入れができません。しかし、銀行であれば借り入れできますが、やはり返済能力がないと契約するのは難しく、無収入でも契約できる銀行は限られています。
キャッシングの審査では個人信用情報機関の記録が参照されます。以前に返済の遅延などの問題を起こして記録が残っていると、銀行や大手の消費者金融では審査に通らなくなります。5年から10年で記録がなくなるため、永久に審査に通らなくなるわけではありません。また、問題を起こしていなくても、既に他社からの借り入れがあれば返済能力は低くなるので審査に悪影響になります。収入に関しては安定していることが重視されるため、勤続期間が長い方が審査で有利になります。しかし、金融機関によっては勤続期間が長くても、水商売など一部の職業は雇用が不安定として利用を認めていないことがあります。
キャッシングで借りたお金を期日までに返済できないようなことがありますが、これは2、3か月連続して返済できなかったときに信用情報に傷が付きます。それより早く返済すれば傷は付きませんが、1日ごとに延滞金が加算されるので、遅延はできるだけ起こさないように利用しましょう。