カードローンとは?

MENU

カードローンとは?

カードローンとは、お金を借りるために利用するためのカードというイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。
カードローンは、個人が銀行や消費者金融などの金融機関から無担保でお金を借りることができ、分割で返済することができる融資のことです。
以前は、カードローンと言えば、銀行が個人に行う融資が多かったのですが、最近は消費者金融が個人に行う融資もカードローンと呼ばれることがあります。

 

無担保で融資を行うので、カードローンの申し込みをするときは、氏名や住所、電話番号など個人の基本情報だけでなく、勤務先の情報や信用情報などが必要となり、情報をもとに金融機関が審査を行い、審査に通った人だけが借入の手続きを受けることができます。
借入を行うと必ず返済が必要になるので、安定した収入がある方を申込みの条件としている金融機関がほとんどです。
消費者金融には、年収の3分の1までしか貸付を行うことができない総量規制という法律が適用されるので、消費者金融から借入を受けるためには、収入証明書も必要になります。
収入証明書は、源泉徴収票、給与明細などを利用することができます。
消費者金融には、総量規制があるため、収入がない専業主婦は申込みをできない場合がほとんどなので注意が必要です。
契約社員や派遣社員、パート、アルバイトでも安定した収入があれば審査に通る場合があります。
審査の基準は金融機関によって異なるので、ある会社では審査に落ちたけれど、他の会社に申し込みをしたら審査に通ったという人もいます。

 

カードローンの審査では、勤務先に在籍をしているか在籍確認の電話が勤務先に入ることがあります。
在籍確認の電話は、金融機関の会社名ではなく、個人名で行われることがほとんどなので、職場にカードローンを利用することがバレるということはありません。
借入や返済を行うときは、カードを使って金融機関のATMや提携しているコンビニのATMで引き出しや振り込みを行うことができます。
カードは、郵送で送られてきますが、郵送のときも金融機関名は入っていない封筒で送られてくるので、家族が中を開けない限る家族にバレるということはありません。

 

カードローンは、限度額の範囲内であれば何度でも借入を行うことができますが、借入を行うと必ず返済をしなければいけないので、返済計画をしっかり立ててから利用しなければいけません。
また、返済するときは、金利も一緒に返済しなければいけないので、返済が長引けば長引くほど金利が重なるので返済額が大きくなるので注意が必要です。
金利は、銀行や銀行系の金融機関のほうが低い場合が多いですが、金利が低い分審査が厳しい金融機関もあります。
金融機関の中には、初めての利用に限り、30日間など決められた期間は無金利サービスがある金融機関もあるので、少しでも低い金利で利用したいという方は、そのようなサービスがある金融機関を選ぶと良いでしょう。

 

借入は、限度額の範囲内であれば、既に借入をして返済を行っていても追加で借入を行うことができます。
借入額が返済額を上回っても限度額の範囲内であれば問題はありませんが、無理なく返済できる範囲での借入を心掛けておきましょう。
返済は、カードを使って行うことができますが、それ以外にも毎月一定額を自動的に口座から引き落としをする自動返済しシステムなども利用することができます。
お金を持っていると使ってしまうことがあるかもしれないと思っている方は、自動返済システムを利用すると強制的に引き落としになるので、毎月一定額を返済することができます。
カードローンは、審査に通れば比較的簡単に現金の引き出しを行うことができるので、借金をしているという感覚がなく、気がつけばいつの間にか借金額が大きくなっていたということがあるので、計画的な借入、返済を行うことを常に心掛けておかなければいけません。

 

カードローンの申込みをしたいと思ったときは、窓口に行かなくてもインターネットにつながるパソコンやスマートフォンなどがあればいつでも簡単に申込みを行うことができます。
インターネットから申込みを行うときは、24時間いつでも好きなときに申込みを行うことができます。
審査結果もすぐに確認することができる金融機関もあるので、便利に利用することができます。

 

どうしてもその日のうちに現金が必要になったときは、指定の時間内であれば、即日融資が可能な金融機関もあります。
即日融資を受けるときは、本人確認資料も必要になるので、本人確認資料も準備しておきましょう。
融資を受けるときは、指定の銀行口座に振り込まれるので、銀行口座の準備も必要です。
銀行のカードローンを利用するときは、その銀行の口座でなければ即日融資を受けることができない場合もあるので注意が必要です。
カードローンはいつでも便利に利用することができるだけに、慎重な取り扱いが必要です。