借金の怖さ 弁護士に早めに相談しましょう

MENU

借金の怖さ 弁護士に早めに相談しましょう

最初は、なんとなく後ろめたい気持ちでしたキャッシングやカードローンの契約も、2回、3回と繰り返していくうちに、何となく感覚が麻痺してしまい、いつの間にか月々の返済が大変な額になっているなんてことはありませんか?月々の返済を滞りなく行っている場合には、貸金業者も親切なので、いつでもいくらでも融資をしてくれます。とくに、最近はリボリビング払いという返済方法が採用されている業者ばかりですので、月々5,000円程度の定額を返済していれば、とくに生活をしていても問題が生じにくいため、負債を抱えているという実感もないまま暮らすことができます。しかし、その裏で、負債は日に日に膨らんでいき、いつしか「自分が今、いくら借りているのか」、「今月、いくら返済をしなければならないのか」それすらまともに答えることができないようになってしまうのです。最初は、月々の返済が1万円程度だったものでも、それが2万円、3万円と増えていっても、他の業者から借りては返すようなことを繰り返していれば、自分でも管理しきれなくなってしまい、仕舞いには、「怖くて、カードローンの明細を見られない」という状況に陥ってしまうのです。これこそが借金の怖さで、人間というのは、どこかで理解はしているつもりでも、見たくないものには目を背けて、フタをしてしまいます。そして、さらに良くないのが、それを無理やりプラスの思考で誤魔化し始めます。「何となく、借金が増えている気がするけど、まだ大丈夫だろう」、「1万円が2万円になっても、それほど大差ないな。まだ大丈夫」などと自分に言い聞かせます。しかし、わずか3万円ずつの返済であっても、借入総額は100万円以上になっているはずです。すぐに返済をすることができるような金額ではありませんし、現在、返済をしているお金は利息の一部でしかないのです。日を追うごとに、確実に借金はあなたの首を絞めることになります。もしも、現在、貸金業者に借り入れがあって、それが生活の負担になっているのであれば、1日でも早く法律のプロである弁護士に相談をすることをおススメします。最近は、メールやフリーダイヤルなどで相談をすることができる弁護士事務所も多いですし、相談料は無料というところも多々あります。まずは、そのフリーダイヤルに電話をして相談をすることが、問題解決の第一歩となります。弁護士に相談をすることで、自分の借金について客観的な意見を知ることができるようになりますし、何より「なんとなく」だった借金が、具体化されることで、これまでの漠然とした不安や心の負担を払拭することができるようになります。お金を借りていることは、自分では気付かないうちに、心に大きな負担を強いている場合があります。現実を直視することが怖くて避けていた問題も、専門家が導いてくれれば、意外とスムーズに解決していくものです。負債がどんどん膨らんでしまうのは、それを直視しない心の弱さが原因です。とはいえ、誰でも見たくないものにはフタをしてしまうのです。あなただけが怖いわけではありません。でも、弁護士に手伝ってもらえば不可能ではありません。もちろん、耳の痛い話もあるでしょうが、それでも、この先も心に大きな負担を負って生活するよりはずっとマシです。ここは、いっそ開き直ってしまうのも手でしょう。1日でも早く問題を解決するために弁護士がいるのですから、それを頼らない手はありません。増えてしまった借金の問題を解決するためには、「任意整理」や「民事再生」、「自己破産」など、法的な救済措置がいくつも用意されています。また、もしかしたら借り入れをしていた業者が法定外の利息で貸し付けを行っていて、それが返済の負担となっていたということも多々あります。その場合には、払い過ぎてしまったお金を貸金業者から返してもらうこともできます。しかし、どのような手続きであっても、幾分かの法律の知識が必要となってきますので、弁護士に依頼をする方が、結果的にはスムーズに手続きを完了することができます。とくに、過払い金を返還してもらう「過払い金返還請求」などを貸金業者と交渉する場合には、とても素人では太刀打ちできません。実際に、弁護士に過払い金返還請求を依頼したら、数百万円のお金が返還されて、それで返済することができたなどという例がいくつもあります。また、弁護士に債務整理を依頼すると、司法書士や行政書士などとは異なり、代理で交渉や申し立てをしてもらえますので、あなたは債務整理後の自分の生活を立て直すことに全力を注ぐことができたり、現在、就いている仕事に集中することができます。いくら債務を整理できても、その後の生活が上手くいかなければ、また元の木阿弥ということになるでしょう。それでは意味がありませんので、債務整理の手続きを行う場合には、自分で手続きをしたりせずに専門家に依頼をするようにしましょう。